第399回詰工房参加記

2月25日(日)に開催された第399回詰工房の参加記を小池さんのマネして書いてみる(笑) 小池さんのブログ⇒ 詰将棋の欠片 詰工房への参加は先月の398回に続き4か月連続。 会場「きゅりあん」に今月も定刻の5分前に到着。 金子さんと不明氏(荷物だけ置いてあった)に続く3番乗り。 今回の一番のトピックスはこの不明氏である。 彼女は風みどりさんの「詰将棋作ってみた」にも作品を投稿している羽毛布団さん。 女流棋士でもない女性が単独で参加したのはたぶん初めてではないかと思う。 泉夫妻に「楽しいよ」と勧められて参加したとのこと。 今日は楽しかっただろうか? 少し心配である。 最終的な参加者は15名。 看寿賞作家は4名が参加していたと思う。 続いて金子さんから、3月31日に詰工房と同じ会場きゅりあんで開催される詰将棋解答選手権についての告知。 東京会場は、参加者が追加募集される。 3月1日スタートなので、参加できずに諦めていた方は忘れずに応募して欲しい。 なお、大阪会場の追加募集はありません。 小池さんが来たので「昨日は上田行ったの?」と質問。 答えは「行きました!」 3次会まで参加して一泊して詰工房に直行してきたとのこと。 熱心で感心。 上田会合の模様は色々と聞いたが、小池さんのブログにそのうち参加記が掲載されると思うのでここでは語らない。 驚いたのを1点だけ。 赤羽さんは昨年まで働いていたと云うのにはびっくり。 当方はリタイアして既に3年も経…

続きを読む

Billboard 2024年2月24日

【アルバム】 カニエ・ウエストとタイ・ダラー・サインの “Vultures 1” が14万8千ユニット(1万8千枚で1位に初登場。 ストリーミングユニット12万9千でこれは1億6,778万回のオンディマンドストリームに相当する。 カニエのナンバー1アルバムはこれで11枚目。 日本ではあまり聞かないがアメリカでは超人気のシンガー。 カニエ・ウエストのナンバー1アルバムリスト Vultures 1(2024/2/24) Donda(2021/9/11) Jesus Is King(2019/11/9) Ye(2018/6/16) The Life of Pablo (2016/4/23) Yeezus (2013/6/6) Watch the Throne (2011/8/27~9/3) My Beautiful Dark Twisted Fantasy (2010/12/11) 808s & Heartbreak (2008/12/13) Graduation (2007/9/29) Late Registration (2005/9/17~24) 2月11日のスーパーボウルハーフタイムショーでパフォーマンスを行ったアッシャーの “Coming Home” が9万1千ユニット(5万3千枚)で2位に初登場。 こちらが今週のベストセリングアルバム。 ストリーミングユニット3万4千5百でこれは4,582万回のオンディマンドストリームに相当する。 本アルバム…

続きを読む

Billboard 2024年2月17日

【アルバム】 2月5日に胃がんのため62才で亡くなったトビー・キースの “35 Biggest Hits” が6万6千ユニットで1位に再登場。 ストリーミングユニット689%増の4万6千でこれは6,404万回のオンディマンドストリームに相当する。 売上は3,251%増の1千1千枚。 彼のナンバー1アルバムはこれで5枚目。 日本でその名を聞くことはほとんど無いがアメリカでは超人気のカントリーシンガー。 トビー・キースのナンバー1アルバムリスト 35 Biggest Hits (2024/2/17) Bullets in the Gun(2010/10/23) Big Dog Daddy (2007/6/30) Shock’N Y’all (2003/11/22) Unleashed (2002/8/10) モーガン・ウォレンの “One Thing at a Time” は2%減の6万5千ユニットで1位から2位に後退。 シザの “SOS”は28%増の5万3千ユニットで6位から3位に上昇。 トゥエニーワン・サヴェージの “American Dream” は16%減の5万1千ユニットで2位から4位に後退。 彼にとって4枚目の全米ナンバー1で “I Am > I Was” に並ぶ2週1位を記録。 2022年ドレイクとのコラボ “Her Loss” は40万4千ユニット(1万2千枚)で初登場1位。 2020年メトロ・ブーミンとのコラボ “Savage…

続きを読む

Taylor Swift at 東京ドーム

東京ドームで2月7日から4日間開催されたテイラー・スウィフトのThe Eras Tour最終日に行ってきた。 SS席 ¥30,000(税込) S席 ¥22,800(税込) A席 ¥18,800(税込) ステージサイド席(注釈指定席)¥14,800(税込) U-20席 ¥8,800(税込) VIP PACKAGE It's Been A Long Time Coming Package ¥122,800(税込) Karma Is My Boyfriend Package ¥72,800(税込) I Remember It All Too Well Package ¥52,800(税込) 今回は一番高いパッケージはやめておいた。 テイラー・スウィフトのライブに参戦するのは5回目。 前回は2018年11月20日の東京ドーム公演。 チャーリー エックスシーエックスの前座があり公演開始は19時半。 今回は18時開始ということで事前に早期来場を求めるメールが来た。 オレは家を17時37分に出てVIPゲート25番から待ち時間ゼロで入場。 えんえんと通路を歩いて17時53分に着席した。 観客は若い女性が中心。たぶん8割は女性。 外国人も多くて、隣も後ろも中華系の女性だった。 席の横が通路だったのだが、通路に進出してくる人が多かった。 テイラーを真似したのか金ピカの(全然似合ってないw)服を着た女性がライブ中…

続きを読む

ネクスト・ゴール・ウィンズ

ネクスト・ゴール・ウィンズ@一ツ橋ホール 制作年:2023 英題:NEXT GOAL WINS 制作国:イギリス/アメリカ 日本公開:2024年2月23日 上映時間:1時間44分 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 監督・脚本・製作☆タイカ・ワイティティ キャスト トーマス・ロンゲン☆マイケル・ファスベンダー ジャイア☆カイマナ タビタ☆オスカー・ナイトリー ゲイル☆エリザベス・モス エース☆デヴィッド・フェイン ダル☆ビューラ・コアレ ピサ☆レヒ・ファェパパランギ ランボー☆セミュ・フィリポ ニッキー・サラプ☆ウリ・ラトゥケフ ルース☆レイチェル・ハウス 【あらすじ】 アメリカ領サモアのサッカー代表チームは、長きにわたりFIFAランキング最下位で、2001年には0対31という記録的大敗も喫していた。チームに次の予選が迫る中、破天荒な性格でアメリカを追われたコーチのトーマス・ロンゲン(マイケル・ファスベンダー)が、新たに代表チームのコーチに就任。彼は世界で最も弱いと言われてきたチームの立て直しを図ろうとする。 【感想】 2001年のWC予選でオーストラリアに31-0の歴史的大敗を喫した米領サモア。 2011年に本国からトーマス・ロンゲン監督を招聘し、2-1でトンガに勝ち代表初勝利をあげる。 あらすじは2行程度で終わり。 そこにトーマス・ロンゲンの個人的葛藤。 ジャイアのトランスジェンダーとしての葛藤がプラスされる。 史実に…

続きを読む

松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol.44

昨年のVol.43では、来年も苗場やるよ!という宣言が無かった。 今年の苗場では、40枚目のオリジナルアルバムを出してツアー、来年は苗場!という力強い宣言がありました。 古稀をむかえたユーミン。 これからも元気に走り続けてください! SURF&SNOW in Naeba Vol.44 二日目に出かけた。 2024年2月5日(月)から19日(月)まで全8公演。 昨年に続いてキャピタル・ヴィレッジのツアーではなく、奇跡のチケット当選。 ホテルだけ手配して、あとは当日の野となれ山となれ作戦で出かけてきた。 昨年と同じ昼前のとき315号で11時半に越後湯沢到着。 越後湯沢の降雪は少ない。 11時50分発の路線バスに乗車した。 座席はほぼ満席。 立っている人はほとんどいない。 12時半に苗場スキー場入り口到着。 ワールドクラブロッジのフードコートでゲレンデ見ながら昼飯。 湯治がしたかったが「火打ちの湯」の営業開始は14時。 「苗場の湯」は15時。 毎年行っている「雪ささの湯」も14時。 今年は湯治をあきらめてプリンスホテルで時間をつぶし15時にホテルに到着した。 のんびりした後18時から晩飯。 小一時間で食べ終わったがまだ19時だ。 ちなみにホテル代は二人で48,000円。 一泊二食付でひとり24,000円である。 昨年は36,000円だったから33.3%の値上がり。 オフシーズンはお客が少ないからハイシーズンの値段が高くなるのは仕方あ…

続きを読む

Billboard 2024年2月10日

【アルバム】 モーガン・ウォレンの “One Thing at a Time” が4%増の6万6千ユニットで2位から1位に上昇して通算18週目の1位。 カントリーのアルバムではガース・ブルックスの “Ropin’ the Wind” に並ぶ最多週1位を記録。 ストリーミングユニット4%増の6万4千でこれは8,732万回のオンディマンドストリームに相当する。 1956年3月に現在のアルバムチャートが始まって以来18週以上1位に在位したアルバムはたったの15枚しかない。 1位在位の長いアルバムのリスト 54 週 West Side Story / soundtrack, 1962-63 37 週Thriller / Michael Jackson, 1983-84 31 週 Rumours / Fleetwood Mac, 1977 31 週 South Pacific / soundtrack, 1958-59 31 週 Calypso / Harry Belafonte, 1956-57 24 週 21 / Adele, 2011-12 24 週 Purple Rain / soundtrack, Prince and The Revolution, 1984-85 24 週 Saturday Night Fever / soundtrack 1978 21 週, Please Hammer Don’t Hurt ‘Em / M.C. Hammer,…

続きを読む

ダム・マネー ウォール街を狙え!

ダム・マネー ウォール街を狙え!@神楽座 制作年:2023 制作国:アメリカ 英題:DUMB MONEY 日本公開:2024年2月2日 上映時間:1時間45分 配給:キノフィルムズ 監督☆クレイグ・ギレスピー キャスト キース・ギル☆ポール・ダノ ケビン・ギル☆ピート・デヴィッドソン スティーヴ・コーエン☆ヴィンセント・ドノフリオ ジェニー☆アメリカ・フェレーラ ケン・グリフィン☆ニック・オファーマン マルコス・バルシア☆アンソニー・ラモス ブラッド・テネフ☆セバスチャン・スタン キャロライン・ギル☆シェイリーン・ウッドリー ケイブ・プロトキン☆セス・ローゲン 【あらすじ】 世界的パンデミックに見舞われた2020年、アメリカでゲームソフトを販売するゲームストップ社は業績が低迷し、倒産間近と見なされていた。そのころ、平凡な会社員キース・ギル(ポール・ダノ)は「ローリング・キティ」名義で動画を配信し、同社の株が過小評価されているとインターネット掲示板で訴える。すると彼の主張に共感したアマチュア投資家たちがゲームストップ株を買い始め、2021年初頭に同社の株価は急騰。同社株の空売りによる利益を狙っていた金融業界の富豪たちは大損害を被る。この事件は連日メディアをにぎわせ、キースは一躍時の人となる。 【感想】 コロナ禍2020年から21年にかけて起きたゲームストップ騒動が早くも映画化された。 空売りのヘッジファンドにSNSで繋がった一般投資家が…

続きを読む

Billboard 2024年2月3日

【アルバム】 トゥエニーワン・サヴェージの “American Dream” が40%減の7万8千ユニット(1千枚)で2週連続1位。 彼にとって4枚目の全米ナンバー1で “I Am > I Was” に並ぶ2週1位を記録。 ストリーミングユニット40%減の7万7千でこれは1億316万回のオンディマンドストリーミングに相当する。 2022年ドレイクとのコラボ “Her Loss” は40万4千ユニット(1万2千枚)で初登場1位。 2020年メトロ・ブーミンとのコラボ “Savage Mode II” は17万1千ユニット(2万2千枚)で初登場1位。 2018年のソロアルバム “I Am > I Was” も13万1千ユニット(1万8千枚)で初登場1位。 日本でその名を聞くことはまず無いがアメリカでは超人気のラッパーのひとりである。 モーガン・ウォレンの “One Thing at a Time” は4%増の6万3千ユニットで3位から2位に上昇。 予想とおり日本ではまったく話題にのぼることなくスルーされている😄 ドレイクの “For All the Dogs” は1%増の5万3千ユニットで3位から2位に上昇。 11月17日に6曲が追加収録されたデラックス盤が発売された。 グリーン・デイの “Savior” が4万9千ユニット(3万9千枚)で4位に初登場。 こちらが今週のベストセリングアルバム。 ストリーミングユニットは9千5百でこれは1,225万…

続きを読む

第398回詰工房参加記

1月27日(土)に開催された第398回詰工房の参加記を小池さんのマネして書いてみる(笑) 小池さんのブログ⇒ 詰将棋の欠片 詰工房への参加は先月の397回に続き3か月連続。 会場「きゅりあん」に今月も定刻の5分前に到着。 金子さんが部屋の鍵を開けて開場した直後で2番乗り。 すぐに竹中さんが独りであらわれる。 今日は歩美さんは研究会、明日は研修会本番ということで欠席(がんばれ~) 出足が遅く最終的な参加者は看寿賞作家4名を含む14名。 しばらく人が来なかったので竹中さんと詰将棋ではなく将棋の話をした。 一つ目は先日の王将戦第二局の最終4手について。 オレが言ったのは 「4一歩成 同銀 4九歩 4七金 で投了するくらいなら 4四桂 と打って欲しかった」 二つ目は詰パラ1月号39ページの社団戦スピンオフ企画「詰将棋では見慣れない筋なので盲点だった」の件。 先日開催された創棋会0次回に参加した小池さんによると中村さんは受けきったと思っていたとのこと。 先手の歩が無いのにどうやったらあの局面になるのか? 持ち駒の歩が脱落しているのではないか? などと話をした。 小池さんが「中村さんは棋譜取っています」と言うので入手してと頼んだら断られた(笑) そうしたらオレのFB投稿に石黒さんから解答が寄せられた。 「61銀71金84歩同歩75銀83銀(持駒打った)84銀同銀83歩同玉75角82玉84飛83歩、です。」 疑問が氷解した。見慣れない筋に気が付いてさえいれば勝ち…

続きを読む