バンクーバーの朝日




バンクーバーの朝日@有楽町朝日ホール

(C) 2014「バンクーバーの朝日」製作委員会
製作年:2014年
製作国:日本
日本公開: 2014年12月20日
上映時間: 2時間13分
配給: 東宝

監督: 石井裕也

キャスト
レジー笠原☆妻夫木聡
ロイ永西☆亀梨和也(KAT-TUN)
ケイ北本☆勝地涼
トム三宅☆上地雄輔
フランク野島☆池松壮亮
笠原清二☆佐藤浩市
エミー笠原☆高畑充希
笹谷トヨ子☆宮崎あおい
ベティ三宅☆貫地谷しほり
笠原和子☆石田えり
堀口虎☆ユースケ・サンタマリア
トニー宍戸☆鶴見辰吾
杉山せい☆本上まなみ
井上安五郎☆光石研
松田忠昭☆田口トモロヲ
前原勝男☆徳井優
河野義一☆大鷹明良
三宅忠蔵☆岩松了
加田多吉☆浜田道彦
江畑善吉☆大杉漣


【ストーリー】
1900年代初めのカナダ・バンクーバー。貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★☆ 残念

石井裕也監督の新作ということで期待して観に行った。
がっかりして帰ってくることになるとは思わなかった。

君と歩こう (2009年)(第22回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門出品、第50回日本映画監督協会新人賞最終候補)
川の底からこんにちは (2009年)(第19回PFFスカラシップ作品)
あぜ道のダンディ(2011年6月18日公開)
ハラがコレなんで(2011年11月5日公開)
舟を編む(2013年4月13日公開)(第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品、第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞、報知映画賞作品賞、日刊スポーツ映画大賞作品賞、芸術選奨新人賞)
ぼくたちの家族(2014年5月24日公開)
バンクーバーの朝日(2014年)

「あぜ道のダンディ」以降は全作品みている。
が、未見の「川の底からこんにちは」を超える作品はないものと思う。

「ぼくたちの家族」は低予算でも中身のある映画が作れる見本のような映画だった。
今回の作品はたぶん予算は増えたんだと思うけど中身が薄かった。

映画の立ち上がりの映像はなかなか良かった。
セピア色の画面で当時の風景が再現されていて雰囲気があった。
わたしは、おっクリント・イーストウッド目指してるのかな?という感想をもった。

その後のお話は、戦前のカナダ、バンクーバーにおける日系人野球チームの活躍を描いたもの。
体格も劣り、審判の判定は黄色人種に不利。
賃金は安く白人の半分。
それでも一所懸命はたらき野球でもがんばる妻夫木くん。

なかなか良い話である。

何がいけないのかというと・・・
映画の焦点が絞り切れていないところである。

厳しい環境の中、野球が好きだからがんばって勝利をえる姿が描きたかったのか、人種差別が描きたかったのかどちらかよくわからなくなってしまった。
前者にテーマを絞り込んで描けば2時間越えのだらだらした映画にはならなかった。
人種差別の話は適度に出てくるし日本人ならある程度知っている。
収容所にいれられてどうのこうのという史実を見せられたいわけじゃない。
野球にテーマを絞っていれば、最終戦でジャニーズ君がサヨナラヒットを打って優勝で終わりのはず。
その方がカタルシスもあるし、ああ良かったねと観終われるし、人種差別についてもひどいよねとより納得できたと思う。
観客は史実が知りたいわけじゃないし歴史に忠実である必要もない。
一部のメンバーが収容所に入れられてメンバーを欠く中戦って勝利したと脚色しても罰は当たらない。
「ジャージーボーイズ」だって事実とはかけはなれた脚色がなされている。
映画は作り物なんだからもっと面白く作ってくれ。
これじゃ長過ぎて退屈!というのが率直な感想である。

この記事へのコメント

yukarin
2014年12月20日 23:53
いい話ではあるんですが、いまいち盛り上がりに欠けましたし豪華キャストなのになんかもったいない感じでした。
ほんと野球にテーマを絞って描いたほうが感動する作品になってたでしょうね。
2014年12月21日 08:07
yukarinさん
野球やサッカーは映画に向きません。
野球のほうがサッカーよりはマシですけど
ついクリントのインヴィクタス思い出して辛口になってしまいました。
元ぶたお
2014年12月30日 22:26
久しぶりに試写会に当選し同級生だった女性と二人で観に行ったのにまさに同感。
だらだらとした長編の感想の通りに仕事疲れもあって睡魔に襲われ大変でした。
山場がない、抑揚がない、メリハリなしで宮崎あおいのもったいないこと。
ダメでしたね。
2014年12月30日 22:33
元ぶたおさん
わたしは娘と観に行ったのですが、つまらない映画をみせられたと怒られました。
が、激賞している人も多いです。
色々な見方があるということでいいんじゃないでしょうか?(笑)

この記事へのトラックバック

  • 『バンクーバーの朝日』 (2014)

    Excerpt: 閉塞感を打ち破る、切なき輝き! 史実が訴える重みに圧倒されつつ、深い感動に包まれる至高の一本であった。 本作は、『舟を編む』(12)にて最年少で日本アカデミー賞を制した俊英、石井裕也監督作。齢の.. Weblog: 相木悟の映画評 racked: 2014-12-16 22:28
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見て、遥か遠くカナダへと海を渡った。 ところが彼らを待ち受けていたのは人種差別、過酷な肉体労働、貧困という厳しい現実だった。 そんな中、日本人街に一つの野球チ.. Weblog: 象のロケット racked: 2014-12-17 16:02
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 戦前、カナダ・バンクーバーに実在した日系人野球チーム『バンクーバー朝日』。人種差別の嵐吹き荒れる中、体格に恵まれない日系人達が知恵を駆使して西海岸リーグのチャンピオンまで登りつめる物語の映画化。 う.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2014-12-20 16:34
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 2014/12/20公開 日本 133分監督:石井裕也出演:妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2014-12-20 23:51
  • 「バンクーバーの朝日」スモールベースボールの原点を知った先にみたベースボールを通じて乗り越えた人種の壁と日本人のひたむきなプレー

    Excerpt: 「バンクーバーの朝日」は戦前のカナダバンクーバーに実在した野球チームバンクーバー朝日の実話のストーリーである。戦前のカナダバンクーバーで差別に苦しみながらも野球を通じ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2014-12-21 10:51
  • バンクーバーの朝日/全ては彼らから始まった

    Excerpt: 1900年代初頭、カナダに移住した日本人は厳しい差別に晒されながらも野球チーム朝日軍の勝利によって現地の人々に受け入れられていく。しかしそこで起こった第二次世界大戦はそんな彼らの努力を無に帰するものだ.. Weblog: MOVIE BOYS racked: 2014-12-21 12:37
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 日本が戦争に突き進む時代になると一層移民の生活は苦しくなる。閉塞的な状況にあって、ただ野球をすることで生きる希望を見出した人々の姿が感動的に描かれていた。「私を野球に連れてって」の歌唱シーンでは涙が止.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2014-12-22 21:40
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: カナダ・バンクーバーに移住した 日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」が 歴史を残していた。 実話を基にして描いています。 監督は石井裕也。 野球チーム「バンクーバー朝日」のキャプテン、 レジ.. Weblog: 花ごよみ racked: 2014-12-23 09:56
  • 映画「バンクーバーの朝日」

    Excerpt: 映画「バンクーバーの朝日」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2014-12-23 21:50
  • 映画『バンクーバーの朝日』を観て

    Excerpt: 14-102.バンクーバーの朝日■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:132分■料金:0円(1ヶ月FP利用)■鑑賞日:12月23日(TOHOシネマズ渋谷) □監督:石井裕也◆妻夫木聡◆.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2014-12-27 17:06
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 日本  ドラマ  監督:石井裕也  出演:妻夫木聡      亀梨和也      勝地涼      上地雄輔 【物語】     (allcinema)  1900年代初めのカナダ・バンク ... Weblog: 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2014-12-27 22:09
  • 『バンクーバーの朝日』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「バンクーバーの朝日」□監督 石井裕也□脚本 奥寺佐渡子□キャスト 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、       高畑充希、宮崎あおい、佐藤浩市■鑑賞日 .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-12-28 08:40
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 2014年にみた最後の作品。戦前のカナダにあった野球チームの実話をもとに、野球にとどまらず、差別に苦しみながらも生きる日系人たちを描いた作品。真面目に淡々と描くのは石井監督の作風ですが、ちょっと範囲が.. Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記 racked: 2015-01-09 06:45
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt:  戦前、多くの日本人がカナダ・バンクーバーへと渡り、移民として人種差別に 耐えながら肉体労働に従事していた。日系2世としてカナダで生まれ育ったレジ ー(妻夫木聡)は、仲間のロイ(亀梨和也)、ケイ(勝.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2015-01-12 21:41
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 『バンクーバーの朝日』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ぼくたちの家族』や『舟を編む』の石井裕也監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「海の向こうで3.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-01-13 06:16
  • 「バンクーバーの朝日」

    Excerpt: 2015年最初に観た作品。もちろん息子と一緒に、である。公開時から観ることは決めていたが、少年野球の頃から(もっと言えば保育園の頃から)交流のあるママ友さんが、息子さんと観に行って「すごく良かったわよ.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2015-01-26 17:18
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: [バンクーバーの朝日] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2015年2本目です。 【あらすじ】 1900年代初頭。貧しい日本から新天地を目指し.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2015-02-11 03:02
  • トラックバックテスト3

    Excerpt: これはテストです。 これはテストです。 これはテストです。 これはテストです。 これはテストです。 Weblog: たかやんブログ racked: 2015-02-13 18:09
  • 映画・バンクーバーの朝日

    Excerpt: 2014年 日本 戦前のカナダ・バンクーバーには多くの日本人が新天地を求めて移住してきていました激しい差別の中、安い賃金で苛酷な労働に耐えるも、一向に良くならない暮らし向きそんな中、日系人野球チ.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2016-04-21 08:30