第80期順位戦B級2組6回戦谷川浩司九段VS高崎一生七段




10月27日水曜日に指された第80期B級2組順位戦6回戦は熱戦が多かった。
オレが一番印象に残ったのは谷川浩司九段と高崎一生七段の一戦。
谷川先生の居飛車に後手の高崎七段の作戦は三間飛車。
普通に指して先手の谷川先生が優勢になった。
66手目に後手の高崎七段が 3二歩 と馬筋をとめた。
2021-10-28b.png

ここで谷川先生は4三香成と指したがこれがつまずきの始まりだったと思う。
素人がみても第一感は 7五桂。
なんで谷川先生ともあろうものがこの手を逃すのだろう。

4三香成以下は
5一飛 1二馬 7五桂と進行。
逆に 7五桂 と打たれてしまった。
それでもまだ悪くなったわけではない。
打たさない方が分かりやすかった。
昔の谷川先生ならこういう類の手は絶対逃さなかったと思うわけである。

7五桂以下の指し手
6七桂 同桂成 同玉5四歩 4二銀 7七歩成 同銀 7五桂 5七玉 5五歩 5一銀不成 5六歩 同玉 5五歩 4六玉 3四桂 3五玉 5四金
2021-10-28a.png

悪い手が続いて難しくなっている。
88手目に 5四金 と出られて 2五金 3四玉 4五銀 までの詰めろ。
ここで谷川先生は1時間以上時間があるのに 4四成香 と引いてしまった。
それでは簡単な詰みだ。
同金 同玉 5三銀 まで92手で投了。

いったいどうしてしまったのだろう?
3七桂、4四飛、2五桂 まだ色々なねばりがあり、高崎七段は一分将棋。
何が起きても不思議でない局面で簡単な詰みを見逃して(?)最悪な手を指してしまうとは!
嫌になってしまったのだろうか?
同世代のヒーローのこんな負け方をみるのはとてもつらい。

これで順位戦B級2組の成績は1勝5敗でビリから2番目。
後半の奮起を期待します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック