コーダ あいのうた






コーダ あいのうた@一ツ橋ホール
コーダ.jpg

制作年:2021
制作国:アメリカ/フランス/カナダ
原題:CODA
日本公開:2022年1月21日
上映時間:1時間52分
配給: ギャガ

監督・脚本☆シアン・ヘダー

キャスト
ルビー・ロッシ☆エミリア・ジョーンズ
フランク・ロッシ☆トロイ・コッツァー
ジャッキー・ロッシ☆マーリー・マトリン
レオ・ロッシ☆ダニエル・デュラント
マイルズ☆フェルディア・ウォルシュ=ピーロ
ベルナド・ヴィラロボス☆エウヘニオ・デルベス
ガーティー☆エイミー・フォーサイス(英語版)
ブレディ☆ケヴィン・チャップマン

【あらすじ】
とある海辺の町。耳の不自由な家族の中で唯一耳が聞こえる女子高生のルビー(エミリア・ジョーンズ)は、幼少期からさまざまな場面で家族のコミュニケーションを手助けし、家業の漁業も毎日手伝っていた。新学期、彼女はひそかに憧れる同級生のマイルズと同じ合唱クラブに入り、顧問の教師から歌の才能を見いだされる。名門音楽大学の受験を勧められるルビーだったが、彼女の歌声が聞こえない両親から反対されてしまう。ルビーは夢を追うよりも家族を支えることを決めるが、あるとき父が思いがけず娘の才能に気付く。

【感想】
久々の試写会で観劇。
オミクロン株の感染拡大の故か観客は少なく半分以下でガラガラ。
映画は2014年のフランス映画「エール!」のリメイク。
舞台をマサチューセッツ州グロスターに移して撮影された。

お話の筋はオリジナルと同じ。
聾唖の両親と兄をもち、家族で1人しかいない健聴者ルビー。
皮肉なことに彼女には音楽の才能がある。
先生に音楽大学への進学をすすめられるが、家族にとって彼女は必要不可欠。
さてどうする?
家族は音楽というコンセプトすらない(であろう)

ルビーが合唱部の顔合わせで歌を歌わなければならなくなるが脱走😄
池の辺りの崖の上に佇む。
10メートルはありそうな崖の上から飛び込んで泳ぐ。
「ITそれが見えたら終わり」でもそんなシーンがあった。
日本にそんな場所はなく、あったとしても厳重に立ち入りが禁止されるであろう。
これは、マサチューセッツ州ロックポートの浸水した採石場だそうだ。
街のそばにそんな池があるのはアメリカならでは。
印象に残るシーンだった。

合唱部での最初のトライはマーヴィン・ゲイの Let's Get It On
I’ve been really trying, baby
Trying to hold back this feeling for so long
And if you feel like I feel, baby
Come on, oh, come on, ooh
Let’s get it on
かなりきわどい曲がとりあげられていて面白かった。

次もマーヴィンとタミー・テレルの
You Are All I Need To Get By
選曲のセンスが良い。
サントラは日本だけで発売されるそうだ。
おすすめ。
【Amazon.co.jp限定】コーダ あいのうた - オリジナル・サウンドトラック (特典:メガジャケ付) - ヴァリアス・アーティスト
【Amazon.co.jp限定】コーダ あいのうた - オリジナル・サウンドトラック (特典:メガジャケ付) - ヴァリアス・アーティスト
紆余曲折のすえルビーは音楽大学の試験をうける。
そこでフィーチャーされているのはジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」
このシーンは、ネタバレ禁の演出があり必見。
家族(父と兄)との漁のシーン、採石場のシーンと並ぶ印象的なシーンだった。
全体的には、さらっとしてはいるが聾啞者とのコミュニケーションの困難も描いて秀逸。
1月24日公開なので多くの方に観て欲しいと思います。

この記事へのコメント

U-co.,
2022年01月14日 09:54
まぁびぃーーーーーーん。ほんとに大好きなんです。オヤヂのばか、ま、銃社会が悪いんだけどさ。タミーテレルとのもいいよねー。
BestはWhat’s going onだけど、次くらいに「れつげといとおん」も好きです。さんきう、だーうぃ♬
まっつぁんこ
2022年01月14日 10:35
U-co.,さんコメントありがとうございます。
Let's Get It On は中学三年生でクラシック卒業して(笑)洋楽を聴きだした年にアメリカで最も売れた曲。日本ではまったく話題にならず。シングル買ったけどすぐに廃盤になりました。マーヴィンの死は衝撃でした。父親に撃たれたくらいしか情報がなくてなんともいえない思いがいたしました。What's Goin' On は大好きだけどリアルタイムでは聴いていません。
キンコー
2022年01月19日 15:47
主演のエミリアジョーンズは、リンダロンシュタットを彷彿させ青春の日
キンコー
2022年01月19日 15:49
帰りの電車の中で書いてるので失礼しました。試写会チケット有難うございました。アカデミー何かゲットして欲しいですね。
まっつぁんこ
2022年01月19日 16:49
キンコーさん コメントありがとうございます。
リンダ・ロンシュタットですか(笑)なつかしい。
オスカーなにかとれるといいですね。ノミネートもまだですか。
なんかエンタメ界はストップしている感じでさみしい。
ビジネスは今のまま(リモートなど)がいいけど遊びは元に戻ることを祈ります。
キンコー
2022年01月20日 00:36
me too
2022年01月22日 21:07
これはとてもいい映画でした。
まだ1月ですが今年一番愛すべき映画。
『エール!』のリメイクですが、元を見ていないので見たいと思います。
お話もとてもいいのですが、とにかく主演のエミリア・ジョーンズが素晴らしい。
歌がとてもうまいですし、繊細な演技に魅了されました。
彼女が最後に歌う「青春の光と影」には涙を禁じえませんでした。
聾啞者の家族を演じる俳優が聾唖というのもスゴイ。

この記事へのトラックバック