Billboard 2022年3月5日



【アルバム】
Encanto_poster.jpgディズニーのアニメ映画 “Encanto” のサントラが6週連続通算7週目の1位。
ポイントは8%減の9万ユニット。
ストリーミングユニットは7%減の7万7千ユニットでこれは1億1,467万回のオンディマンドストリーミングに相当する。
売上は9%減の1万1千。 

ガンナの “DS4Ever ” は10%減の4万1千ユニットながら2位変わらず。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double” も3%減の4万1千ユニットながら3位変わらず。

ザ・ウィークエンドの “The Highlights” は1%減の3万3千ユニットながら5位から4位に上昇。

オリビア・ロドリゴの “Curtain Call: The Hits” が5%増の3万2千ユニットで10位から5位に上昇。

ヤーットの “2 Alive” が6位に初登場。
ポイントのほとんどがストリーミングユニットで3万2千ユニット。
これは4,481万回のオンディマンドストリーミングに相当する。

ドレイクの “Certified Lover Boy” は7%減の3万2千ユニットで4位から7位に後退。

ドージャ・キャットの “Planet Her ” も6位から8位に後退。
ポイントは8%減の2万8千ユニット。

エミネムの “Curtain Call: The Hits” は17%減の2万6千ユニットで8位から9位に後退。

アデルの “30” も7位から10位に後退。
ポイントは20%減の2万5千ユニット。

11 Encanto / soundtrack 90,000 (11,000)
2 2 DS4Ever / Gunna 41,000
3 3 Dangerous: The Double / Morgan Wallen 41,000
4 5 The Highlights / The Weeknd 33,000
5 10 Sour / Olivia Rodrigo 32,000
6 - 2 Alive / Yeat 32,000 (0)
7 4 Certified Lover Boy / Drake 32,000
8 6 Planet Her / Doja Cat 28,000
9 8 Curtain Call: The Hits / Eminem 26,000
10 7 30 / Adele 25,000

【シングル】
Encanto_-_We_Don't_Talk_About_Bruno.pngカロリーナ・ガイタン、マウロ・カスティロ、アダッサ、レンジー・フェリス、ダイアン・ゲレロ、ステファニー・ベアトリスとエンカントキャストの “We Don’t Talk About Bruno” が5週連続1位。
アルバムチャート6週連続通算7週目の1位をキープしたディズニーアニメ “Encanto”からのカットがディズニー映画(アニメと実写)としては1994年三銃士のブライアン・アダムス、ロッド・スチュワートとスティング “All for Love” の3週を抜いてさらに記録を5週に伸ばした。
ストリーミング7%減の2,990万ながらStreaming Songs 8週連続1位。
エアプレイ23%増の790万。
売上は12%減の6千6百ながらDigital Songs11位から5位に上昇。

グラス・アニマルズの “Heat Waves” は2位変わらず。
Hot Rock & Alternative Songs と Hot Alternative Songs の両チャートで23週目の1位。

“We Don’t Talk About Bruno” のライターはリン-マニュエル・ミランダで “Heat Waves” のライターはグラス・アニマルズのフロントマン、デイヴ・ベイリーで両曲とも最近では珍しい単独ライターの作品。
単独ライターの曲がトップ2を占めるのは2000年7月29日以来21年半ぶり。
前回の2曲は、ロブ・トーマスが書いたマッチボックス・トゥウェンティの “Bent” とヴァーティカル・ホライズンのマット・スキャネルが書いた “Everything You Want” 。
2週以上単独ライターの曲がトップ2を占めるのは25年以上ぶり。
1996年12月21日から4週にわたり、ダイアン・ウォーレンが書いたトニ・ブラクストンの “Un-Break My Heart” とR.ケリー自身が書いた “I Believe I Can Fly” がトップ2を占めて以来。
その前は1994年8月20日から10月1日まで7週にわたり、リサ・ローブの “Stay (I Missed You)”、ベビーフェースが書いたボーイズⅡメン “I’ll Make Love to You” と、ライオネル・リッチーが書いたマライア・キャリーとルサー・ヴァンドロス “Endless Love” で記録している。

ゲイルの “abcdefu” が4位から3位に上昇。
Pop Airplay チャートで1位に上昇。
デビューEP “A Study of the Human Experience Volume One” が3月18日に発売されることが2月23日に発表された。

アデルの “Easy on Me” は3位から4位に後退。
エアプレイ4%減の7,150万ながら Radio Songs 14週連続1位。
彼女のエアプレイナンバー1滞在週の最長記録を更新。
1990年に始まったエアプレイチャートで14週以上1位を記録した9曲の仲間入り。
最長記録は2020年4月から10月にかけて26週1位を記録したザ・ウィークエンドの“Blinding Lights”。

コダック・ブラックの “Super Gremlin” は6位から5位に上昇。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートで通算6週目の1位。

ザ・キッド・ラロイとジャスティン・ビーバーの “Stay” は5位から6位に後退。
33週目のトップ10内ランクイン。

ジャスティン・ビーバーの “Ghost” が8位から7位に上昇。

エド・シーランの “Shivers” は7位から8位に後退。

エド・シーランの “Bad Habits” が14位から9位に上昇してトップ10再突入。
ストリーミング12%増の1,040万で売上は42%増の4千2百。
2月8日のブリット・アワードでおひろめしたブリング・ミー・ザ・ホライズンをフィーチャーしたリミックスが2月17日にリリースされたことによる売上増。

エルトン・ジョンとデュア・リパの “Cold Heart (Pnau Remix)” が12位から10
位に上昇してトップ10再突入。
エルトンは自身のトップ10入り期間最長記録を1971年1月23日の “Your Song” から51年1か月と1週に伸ばした。(クリスマスソングは除く)
Hot Dance/Electronic Songs チャートでの1位は20週。
Adult Pop Airplayチャートでも1位となり、エルトン初デュア・リパ3枚目の1位を記録。
2003年に始まったDance/Mix Show Airplayでも昨年10月から14週1位を記録して6番目に長い記録だそうだ。
チャートが多発されていてよく分からない(笑)

1 1 We Don’t Talk About Bruno / Carolina Gaitán, Mauro Castillo, Adassa, Rhenzy Feliz, Diane Guerrero, Stephanie Beatriz and the Encanto Cast
2 2 Heat Waves / Glass Animals
3 4 abcdefu / GAYLE
4 3 Easy on Me / Adele
5 6 Super Gremlin / Kodak Black
6 5 Stay / The Kid LAROI and Justin Bieber
7 8 Ghost / Justin Bieber
8 7 Shivers / Ed Sheeran
9 14 Bad Habits / Ed Sheeran
10 12 Cold Heart (Pnau Remix) / Elton John and Dua Lipa

次週≪≫前週


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック