第376回詰工房参加記





3月20日(日)に開催された第376回詰工房の参加記を小池さんのマネして書いてみる(笑)
小池さんのブログ⇒ 詰将棋の欠片

田中徹さんのブログ⇒ベイと祭りと詰将棋にもいずれ記事が掲載されるであろう。

詰工房への参加は3か月連続。
以前の会場「きゅりあん」は改修工事で当分使えず会場は大田区産業プラザ(PiO)に変更になった。
今回は往復ともJRの蒲田から会場まで歩いた。
所要時間は10分少々。
先月と違いなにやら人が多い。
1階ホールでは、スーパー女の子オンリー集合イベント スーパーヒロインタイム なるイベントが開催されていた。
そちらに行ってしまいそうになった方もいたようだ(^^)/
スーパーヒロインタイム.jpg

1階会議室は更衣室として確保されていたらしく、本日の会場は6階のC会議室だった。
とまどって到着が遅くなってしまった。
13時35分に到着すると既に8人もの人が来ていた。
小学2年生で四段のこどもさんがおかあさんと一緒に参加。
たぶん最年少記録。
最終的な参加者は19名と盛会。
看寿賞受賞作家が6名も参加していた。

利波くんから「古図式趣向詰選集」編纂のはなしを聴く。
以前発行された趣向詰名作集は手順の趣向ではない。
古図式数千局を柿木で並べてこれは趣向詰という作品を280余局ピックアップ。
これを数年がかりでまとめるそうである。
趣向と云っても各人でとらえ方が違う。
よって全集ではなく選集なのだそうである。

利波くん持参の「続・詰むや詰まざるや」はボロボロ。
ボロボロになるまで読み込んでいる。
それだけ熱心に読んだのだろう。
オレも所持しているが、新品のようにキレイなまま。
「詰むや詰まざるや」における「大迷路」の門脇さんの解説が分かりやすいと絶賛していた。
こちらも持っているだけでまともに読んでないので今度確かめてみよう。

変長失格のはなしも少々。
いつから変長失格になったの?と質問してみた(笑)
オレは4手長2駒余りでも、2手長1駒余りでも、作意が明確なら問題なしと思っているので最近の詰パラには違和感おおありなので。

今日は竹中さんは父娘で来られていた。
小学2年生で四段のお子さんと盤を囲んでいた。
そこに芹田さんも参加されていたが、のちに場所を変え出題にはいった。
今日の第一問にトライしたのは利波くん。
苦戦するも伏線見抜いて正解にたどりついていたのはさすが。
第二問は双玉作品。
これは竹中さんがかなり苦戦していたようにお見受けしました。

あとは、看寿賞作家のグループ。
こちらはフェアリー。
のち馬くんの長編趣向作に取り組んでいた(ようにみえた)
今月は人数が多く色々な島で色々な話がなされていたと思います。

今日の春霞賞説明担当は久保くん。
候補作は5作。
5作のうち2作は作者が出席されていた。
久保くんが一番時間をかけて説明していた(手数が長いってこともあるけど)作品が7票を集めて今月のノミネート作となった。
昨年度の春霞賞受賞作は来月決まる。

続いて田中徹さんの今月の注目作説明。
オレはスマホ詰パラや詰将棋メーカーは見ていないのでいつも楽しみにしている。
作者が出席していれば作品の狙いが直接聞けるのもメリット。

今月は利波くんが出席していたので、短編コンクール34の話がきけた。
配置を玉方 2九飛を2九龍 、攻方 1九歩 を 1九銀 として 3八角 が捨て駒になる構成にしたかったが、3九香 に 3八歩 とされると変同になるので断念。
不満が残ったが仕方なかったとのこと。
たしかに変同はさけたいところではある。

短編コンクール40 昼間勉さんについて。
多分昔の昼間さんと思われるが同姓同名の方はいるようだ。
新ケ江さんがカナダにいた時に同姓同名の方を発見。
連絡をとったが詰将棋とは無関係の人だったそうだ。

同人室7の金子清志氏作。
収束の7手詰を発見。
逆算するのは簡単だった、とのことでした(笑)

同人室15の馬屋原剛氏作。
6三に成桂をおいておかないとすごい逃れ順が発生。
時間が経って忘れてしまっていた(笑)

11月号大学院10 岸本裕真作について新ケ江さん。
香歩問題の収束からの逆算は(だれでも)考える。
生角を使っての逆算は怖くてできない。
生角を2枚も使っての逆算はすごい。
というようなコメントだったと思う。
間違ってたらコメントください

という感じで本編は16時半少し前に終了。
17時までさらに雑談。
南倫夫さん近藤孝さんの作品集を編纂したいが遺族との連絡がとれない。
著作権者が誰だかわからないということなので、ネットで公開。
いちゃもんがつかなければ出版すればいいのでは?なんていい加減なことを言った
近藤孝さんの作品集作ってという声がありました。

宮田先生と看寿賞のはなしを少々。
先生の候補作をいくつか聞いたがヒミツ。

そんな感じで17時になり解散となりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック