Billboard 2022年4月9日



【アルバム】
Mainstream_Sellout.pngマシン・ガン・ケリーの “Mainstream Sellout” が9万3千ユニットで初登場1位。         
売上が4千2千で今週のベストセリングアルバム。
ストリーミングユニットは5万ユニットでこれは6,880万回のオンディマンドストリーミングに相当する。
デラックス盤とマシン・ガン・ケリーの公式ウェブストアで売られたボックスセットで売上堅調。

リル・ダークの “7220” は23%減の6万3千ユニットながら2位変わらず。

ディズニーのアニメ映画 “Encanto” のサントラも3位変わらず。
ポイントは1%減の5万8千ユニット。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double” は4%減の4万5千ユニットながら4位変わらず。

オリビア・ロドリゴの “Sour” が11位から5位に上昇。
ポイントは14%増の3万4千。
3月25日にディズニー+で彼女のドキュメンタリー「Driving Home 2 U (A Sour Film)」が公開されたことによる売上増。

ザ・ウィークエンドの “The Highlights” は2%減の3万3千ユニットながら6位かわらず。

ドレイクの “Certified Lover Boy” は1%減の3万1千ユニットながら8位から7位に上昇。

ダディ・ヤンキーの “Legendaddy” が8位に初登場して15年ぶりのトップ10入り。
2万9千ユニットのうち売上が2千。
ストリーミングユニットは2万7千ユニットでこれは3,849万回のオンディマンドストリーミングに相当する。
2007年の “El Cartel: The Big Boss” は8万2千枚で初登場最高9位。

ドージャ・キャットの “Planet Her ” は10位から9位に上昇。
ポイントは3%減の2万9千ユニット。

ガンナの “DS4Ever ” は6%減の2万9千ユニットで9位から10位に後退。


1 - Mainstream Sellout / Machine Gun Kelly 93,000 (42,000)
2 2 7220 / Lil Durk 63,000
3 3 Encanto / soundtrack 58,000
4 4 Dangerous: The Double / Morgan Wallen 45,000
5 11 Sour / Olivia Rodrigo 34,000
6 6 The Highlights / The Weeknd 33,000
7 8 Certified Lover Boy / Drake 31,000
8 – Legendaddy / Daddy Yankee 29,000 (2,000)
9 10 Planet Her / Doja Cat 29,000
10 9 DS4Ever / Gunna 29,000

【シングル】
グラス・アニマルズの “Heat Waves” が5週連続1位。
Hot Rock & Alternative Songs と Hot Alternative Songs の両チャートで28週目の1位。
チャートイン59週目での1位到達はマライア・キャリー “All I Want for Christmas Is You” が2019年12月に35週目で1位にのぼりつめて達成した1位到達に要した週数の最多記録をおおはばに更新。
多数のラジオ局でのオンエアーとティックトックなどストリーミングサービスで息の長い支持をえた。
63年のチャート史上1,134曲目の1位を飾ったグラス・アニマルズは、デイヴ・ベイリー、エドモンド・アーウィンシンガー、ドリュー・マクファーレンとジョー・シーワードの四人で2010年にオックフォードで結成され2014年に初めてチャートインし今年のグラミー賞新人賞にノミネートされている。
エアプレイ2%減の6,510万ながら Radio Songs 4週連続1位。
ストリーミングも2%減の1,480万ながらStreaming Songs 3位変わらず。
売上も3%減の2千8百ながらDigital Songs20位から24位に後退。

1位到達に要した週数の多い曲リスト
59週 “Heat Waves” Glass Animals, 2022/3/12
35週 “All I Want for Christmas Is You” Mariah Carey, 2019/12/21
33週 “Macarena (Bayside Boys Mix)” Los Del Rio, 1996/8/3
31週 “Amazed” Lonestar, 2000/3/4
30週 “All of Me” John Legend, 2014/5/17
27週 “With Arms Wide Open” Creed, 2000/11/11
26週 “Everything You Want” Vertical Horizon, 2000/7/15
25週 “Red Red Wine” UB40, 1988/10/25

クリード “With Arms Wide Open” とヴァーティカル・ホライズン “Everything You Want” 以外の曲はすべて、途中で一度ランク外に消えて再エントリーしている。
“Heat Waves” も2021年1月16日に一度チャートインした後2週圏外に去り、2月6日に再エントリーしてからは継続してランクインしている。
また、過去にチャートインした3万余曲のうち59週以上チャートインした曲はたった23曲しかない。
2021年11月13日に42週目でトップ10入り、今年1月15日に51週目でトップ5入りと最遅記録を更新し続けて今回の偉業に至る。
2021年1月16日付の最初のエントリー順位は100位。
100位から1位に到達した曲は11曲もあるようだ。

100位から1位に到達した曲リスト
“Heat Waves” Glass Animals, 2022/3/12
“See You Again” Wiz Khalifa feat. Charlie Puth, 2015/4/25
“Black and Yellow” Wiz Khalifa, 2011/2/19
“Kiss Kiss” Chris Brown feat. T-Pain, 2007/11/10
“Can’t Help Falling in Love” UB40, 1993/7/24
“The Night the Lights Went Out in Georgia” Vicki Lawrence, 1973/4/7
“When a Man Loves a Woman” Percy Sledge, 1966/5/28
“Go Away Little Girl” Steve Lawrence, 1963/1/12
“Michael” The Highwaymen, 1961/9/4
“Teen Angel” Mark Dinning, 1960/2/8
“Kansas City” Wilbert Harrison, 1959/5/18

“Heat Waves” は昨年3月から4月にかけてオルタナティヴエアプレイチャートで1を3週記録。
オルタナティヴエアプレイチャートで1位になった曲がエアプレイチャートで1位に到達したのは31年と少しのチャート史上15枚目。
オルタナティヴエアプレイチャートで1位になった曲でたったの4%しかない。

オルタナティヴエアプレイチャートで1位になりエアプレイチャートでも1位になった曲
“Semi-Charmed Life” Third Eye Blind, 1997/9/6
“Fly” Sugar Ray, 1997/10/18
“Tubthumping” Chumbawamba, 1997/11/29
“Iris” Goo Goo Dolls, 1998/8/1
“Slide” Goo Goo Dolls, 199/2/27
“Kryptonite” 3 Doors Down, 2000/10/7
“Hanging by a Moment” Lifehouse, 2001/7/14
“We Are Young” fun. feat. Janelle Monae, 2012/4/21
“Somebody That I Used to Know” Gotye feat. Kimbra, 2012/6/2
“Royals” Lorde, 2013/11/2
“Feel It Still” Portugal. The Man, 2017/10/28
“Thunder” Imagine Dragons, 2017/12/2
“Happier” Marshmello & Bastille, 2018/11/24
“High Hopes” Panic! At the Disco, 2018/12/1
“Heat Waves” Glass Animals, 2022/3/19

“Heat Waves” のシングルチャートへのランクインは63週目。
1958年に始まったHot100シングルチャートにランクインした3万曲の中でたった20枚しかない60週越え。
60週越え20曲のうちナンバー1に到達したのは7曲。
最長はザ・ウィークエンド “Blinding Lights” の90週でこちらが3万曲の中で一番長いチャートイン記録。
他の5曲はLMFAOフィーチャリング ローレン・ベネットとグーン・ロックの “Party Rock Anthem” (68週)、アデル “Rolling in the Deep” (65週)、ザ・ウィークエンドとアリアナ・グランデ “Save Your Tears” (62週継続中)、ポスト・マローン “Circles” (61週)とロス・デル・リオ “Macarena (Bayside Boys Mix)” (60週)。

シングルチャートランクイン60週越えリスト
90週 “Blinding Lights” The Weeknd (2019-21; 4週1位)
68週 “Party Rock Anthem” LMFAO feat. Lauren Bennett & GoonRock (2011-12; 6週1位)
65週 “Rolling in the Deep” Adele (2010-12; 7週1位)
65週 “Save Your Tears,” The Weeknd & Ariana Grande (2020-22; 2週1位; 継続中)
63週 “Heat Waves” Glass Animals (2021-22; 3週1位; 継続中)
61週 “Circles” Post Malone (2019-20;3週1位)
60週 “Macarena (Bayside Boys Mix)” Los Del Rio (1995-97; 14 週1位)

イギリスのグループが5週以上アメリカのシングルチャートで1位を占めるのは9曲目。
前回は1993年のUB40 “Can’t Help Falling in Love” だからなんと29年ぶり。

イギリスのグループが5週以上1位を占めた曲のリスト
週数, タイトル, アーティスト, 1位到達日付
9, “Hey Jude” The Beatles, 1968/9/28
8, “Every Breath You Take” The Police, 1983/7/9
8, “Night Fever” Bee Gees, 1978/3/18
7, “Can’t Help Falling in Love” UB40, 1993/7/24
7, “I Want to Hold Your Hand” The Beatles, 1964/2/1
5, “Silly Love Songs” Wings, 1976/5/22
5, “Get Back” The Beatles (with Billy Preston), 1969/5/24
5, “Can’t Buy Me Love” The Beatles, 1964/4/4

グループ外も含めると
14,“Uptown Funk!” Mark Ronson
14,“Candle in the Wind 1997″/”Something About the Way You Look Tonight” Elton John
がリストに加わる。

ザ・キッド・ラロイとジャスティン・ビーバーの “Stay” は2位変わらず。
38週目のトップ10内ランクイン。
エアプレイ2%増の6,150万ながら Radio Songs 2位変わらず。
ストリーミング2%減の1,100万ながらStreaming Songs 8位から7位に上昇。
ランクイン38週はすべてトップ10内でポスト・マローンの最高記録 “Circles” 38週に並んだ。
2位に14週滞在して最長記録を更新。
21週トップ2以上、23週トップ3以上に滞在している。

ラットの “Big Energy” が11位から3位に上昇して来週の1位交代濃厚か?
売上146%増の1万2千9百でDigital Songs5位から2位に上昇。
エアプレイ8%増の5,270万で Radio Songs 7位から6位に上昇。
ストリーミングも36%増の950万でStreaming Songs 14位に初登場。
3要素すべてでトップゲイナーを獲得するのは昨年10月30日付アデルの“Easy on Me” 以来。
3月25日に2枚目のアルバム “777” が発売され3月28日にマライア・キャリーとDJキャレドをフィーチャーしたリミックスがリリースされたことによる上昇。
シングルチャートでマライア・キャリーとDJキャレドがクレジットされていないのは集計期間中のポイントに占めるリミックスの割合が低いから。
リミックスでマライア・キャリーは1995年のナンバー1ヒット “Fantasy” の一部分を歌っている。
トム・トム・クラブの1993年に31位まで上昇した “Genius of Love” が挿入されている。
ラットは昨年11月ビルボード誌に“Genius of Love” のビートに恋をした。とてもキャッチーで自分のキャリアに新しい聴衆やファンをもたらしてくれる、と語っている。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートでラット初の1位を記録。

コダック・ブラックの “Super Gremlin” は3位から4位に後退。

イマジン・ドラゴンズとジッドの “Enemy” が7位から5位に上昇。
この曲は昨年11月6日に公開されたネットフリックスのアニメシリーズ“Arcane: League of Legends” のオープニングで毎回流れる。

ジャスティン・ビーバーの “Ghost” は5位から6位に後退。

ゲイルの “abcdefu” は4位から7位に後退。

カロリーナ・ガイタン、マウロ・カスティロ、アダッサ、レンジー・フェリス、ダイアン・ゲレロ、ステファニー・ベアトリスとエンカントキャストの “We Don’t Talk About Bruno” は6位から8位に後退。
ストリーミング4%減の1,860万ながらStreaming Songs 13週連続1位。

リル・ナズ・エックス “Thats What I Want” は8位から9位に後退。

ドージャ・キャットの “Woman” も9位から10位に後退。
Hot R&B Songs チャートで5週1位。

1 1 Heat Waves / Glass Animals
2 2 Stay / The Kid LAROI and Justin Bieber
3 11 Big Energy / Latto
4 3 Super Gremlin / Kodak Black
5 7 Enemy / Imagine Dragons and JID
6 5 Ghost / Justin Bieber
7 4 abcdefu / GAYLE
8 6 We Don’t Talk About Bruno / Carolina Gaitán, Mauro Castillo, Adassa, Rhenzy Feliz, Diane Guerrero, Stephanie Beatriz and the Encanto Cast
9 8 Thats What I Want / Lil Nas X
10 9 Woman / Doja Cat

次週≪≫前週

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック