Billboard 2022年4月16日



【アルバム】
Unlimited_Love.pngレッド・チリ・ホット・ペッパーズの “Unlimited Love” が9万7千5百ユニットで初登場1位。         
売上が8万2千5百で今週のベストセリングアルバム。
ストリーミングユニットは1万4千5百ユニットでこれは1,896万回のオンディマンドストリーミングに相当する。
2006年の “Stadium Arcadium” が44万2千枚を売り上げて5月27日付で初登場1位を飾り2週にわたって1位を記録して以来2枚目のナンバー1。
ほぼ16年ぶりの1位は、セリーヌ・ディオンが“A New Day Has Come ”(2002年4月13日)と “ Courage” (2019年11月30日)で記録した17年8ヵ月に次ぐ長い間隔。
様々なヴァージョンが売り出されたレコードの売上が3万8千5百枚で今年最高のレコード売上枚数を記録。

リル・ダークの “7220” は18%減の5万1千ユニットながら2位変わらず。

ディズニーのアニメ映画 “Encanto” のサントラも3位変わらず。
ポイントは14%減の5万ユニット。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double” は微減の4万4千5百ユニットながら4位変わらず。

オリビア・ロドリゴの “Sour” も5位変わらず。
ポイントは20%増の4万。
4月3日のグラミー賞複数の受賞とCBSテレビにおける “Drivers License” のパフォーマンス放映による上昇。

ザ・ウィークエンドの “The Highlights” は2%増の3万4千ユニットながら6位かわらず。

イートの “2 Alive” が141%増の3万1千5百ユニットで69位から7位に上昇。
4月1日のデラックス盤発売による上昇。

ドレイクの “Certified Lover Boy” は1%減の3万1千ユニットで7位から8位に後退。

マシン・ガン・ケリーの “Mainstream Sellout” は67%減の3万5百ユニットで先週の初登場1位から9位に後退。         

ドージャ・キャットの “Planet Her ” は9位から10位に後退。
ポイントは4%増の3万ユニット。

1 - Unlimited Love / Red Hot Chili Peppers 97,500 (82,500)
2 2 7220 / Lil Durk 51,000
3 3 Encanto / soundtrack 50,000
4 4 Dangerous: The Double / Morgan Wallen 44,500
5 5 Sour / Olivia Rodrigo 40,000
6 6 The Highlights / The Weeknd 34,000
7 69 2 Alive / Yeat 31,500
8 7 Certified Lover Boy / Drake 31,500
9 1 Mainstream Sellout / Machine Gun Kelly 93,000 (42,000)
10 9 Planet Her / Doja Cat 30,000

【シングル】
As_It_Was.pngハリー・スタイルズの “As It Was” が初登場1位。
2020年8月15日付で “Watermelon Sugar” が1位になって以来2枚目で初の初登場ナンバー1を達成。
初登場ナンバー1は59枚目で今年は初めて。
“As It Was” は5月20日発売予定のハリー・スタイルズ3枚目のアルバムHarry’s Houseからのファーストシングル。
ストリーミングは4,380万でStreaming Songs 初登場1位。
売上1万3百でDigital Songs16位から2位に上昇。
エアプレイ2,720万で Radio Songs 19位に初登場。
ワン・ダイレクションのメンバーで初の複数ナンバー1を記録した。
また1Dメンバーの初登場1位はゼインの“Pillowtalk”に続く2枚目で、1Dはグループメンバー2名が初登場1位を記録した初のグループになった。

グラス・アニマルズの “Heat Waves” は5週続いた1位から2位に後退。
Hot Rock & Alternative Songs と Hot Alternative Songs の両チャートで29週目の1位。
チャートイン59週目での1位到達はマライア・キャリー “All I Want for Christmas Is You” が2019年12月に35週目で1位にのぼりつめて達成した1位到達に要した週数の最多記録をおおはばに更新。
多数のラジオ局でのオンエアーとティックトックなどストリーミングサービスで息の長い支持をえた。
63年のチャート史上1,134曲目の1位を飾ったグラス・アニマルズは、デイヴ・ベイリー、エドモンド・アーウィンシンガー、ドリュー・マクファーレンとジョー・シーワードの四人で2010年にオックフォードで結成され2014年に初めてチャートインし今年のグラミー賞新人賞にノミネートされた。(受賞したのはオリビア・ロドリゴ)
エアプレイ2%減の6,330万ながら Radio Songs 5週連続1位。
ストリーミング1%増の1,500万ながらStreaming Songs 3位から4位に後退。
売上も45%増の4千1百で今週のセールスゲイナーを獲得してDigital Songs24位から13位に上昇。

ラットの “Big Energy” は3位変わらず。
売上2%減の1万2千6百ながらDigital Songs2位から1位に上昇。
エアプレイ12%増の5,830万で Radio Songs 6位から3位に上昇。
ストリーミングも16%増の1,100万でStreaming Songs 14位から6位に上昇。
エアプレイとストリーミングでトップゲイナーを獲得。
3月25日に2枚目のアルバム “777” が発売され3月28日にマライア・キャリーとDJキャレドをフィーチャーしたリミックスがリリースされたことによる上昇。
シングルチャートでマライア・キャリーとDJキャレドがクレジットされていないのは集計期間中のポイントに占めるリミックスの割合が低いから。
リミックスでマライア・キャリーは1995年のナンバー1ヒット “Fantasy” の一部分を歌っている。
トム・トム・クラブの1993年に31位まで上昇した “Genius of Love” が挿入されている。
ラットは昨年11月ビルボード誌に“Genius of Love” のビートに恋をした。とてもキャッチーで自分のキャリアに新しい聴衆やファンをもたらしてくれる、と語っている。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートで2週連続1位。

ザ・キッド・ラロイとジャスティン・ビーバーの “Stay” は2位から4位に後退。
39週目のトップ10内ランクイン。
ランクイン39週はすべてトップ10内でポスト・マローンの最高記録 “Circles” 38週を抜いて単独トップに立った。
2位14週滞在は最長記録。
21週トップ2以上、23週トップ3以上に滞在している。

イマジン・ドラゴンズとジッドの “Enemy” は5位変わらず。
この曲は昨年11月6日に公開されたネットフリックスのアニメシリーズ“Arcane: League of Legends” のオープニングで毎回流れる。

コダック・ブラックの “Super Gremlin” は4位から6位に後退。

ジャスティン・ビーバーの “Ghost” は6位から7位に後退。

ドージャ・キャットの “Woman” が10位から8位に上昇。
Hot R&B Songs チャートで6週1位。

ゲイルの “abcdefu” は7位から9位に後退。

リル・ナズ・エックス “Thats What I Want” は9位から10位に後退。

1 – As It Was / Harry Styles
2 1 Heat Waves / Glass Animals
3 3 Big Energy / Latto
4 2 Stay / The Kid LAROI and Justin Bieber
5 5 Enemy / Imagine Dragons and JID
6 4 Super Gremlin / Kodak Black
7 6 Ghost / Justin Bieber
8 10 Woman / Doja Cat
9 7 abcdefu / GAYLE
10 9 Thats What I Want / Lil Nas X

次週≪≫前週


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック