メタモルフォーゼの縁側





メタモルフォーゼの縁側@一ツ橋ホール
メタモルフォーゼ.jpg

制作年:2022
制作国:日本
原題:MY SALINGER YEAR
日本公開:2022年6月17日
上映時間:1時間58分
配給:日活

監督☆狩山俊輔
原作・劇中漫画☆鶴谷香央理

キャスト
佐山うらら☆芦田愛菜
市野井雪☆宮本信子
河村紡☆高橋恭平
コメダ優☆古川琴音
橋本英莉☆汐谷友希
佐山美香☆伊東妙子
ちまき☆菊池和澄
まさき☆大岡周太朗
花江☆生田智子
沼田☆光石研

【あらすじ】
人付き合いが苦手な17歳の女子高生・佐山うらら(芦田愛菜)は、ボーイズラブ(BL)漫画を読むのが何よりの楽しみだった。一方、夫を亡くし一人で暮らす75歳の女性・市野井雪(宮本信子)は、うららがアルバイトする書店でBL漫画を手に取り、未知の世界に驚きつつも男子たちの恋物語に魅了される。あるときBLコーナーで出会った二人は、BLの話題で意気投合する。それ以降、二人は雪の家の縁側で一緒に漫画を読んでは意見を交わすようになり、年齢や立場を超えた友情を育んでいく。

【感想】
芦田愛菜さんを初めて見たのは円卓 こっこ、ひと夏のイマジンだった。
上映後の舞台挨拶で見事な応答を披露。
賢い子だなと思った。
実はこれ台本通りだったのだが(笑)その印象に間違いはなかった。
当時9歳だった彼女は17歳の女子高生に成長。
そして、こんな映画に主演している。

一ツ橋ホールの観客は女性比率90%😆
しかもほとんどが若い。
なにわ男子出演の故か?
鶴谷香央理の漫画のファンか?
わからなかったがかなり特殊なクラスタだった。

映画はBL漫画をきっかけに知り合った老女と女子高生のお話。
本屋の店先でそんな出会いがあるとは思えない。
が、まあいいだろう。
鶴谷香央理の漫画が原作とのことなので。

主人公の佐山うららは漫画好きで内気な女子高生。
コミケに出店を試みるも、相棒の市野井雪が腰痛で来られなくなってしまいブースに行って販売することができない。
煮え切らない主人公にヤキモキさせられた😖
この映画の後に観たマイ・ニューヨーク・ダイアリーの主人公ジョアンナとは対極にあるタイプ。
たぶん鶴谷香央理さんは、そんなタイプではないのでは(笑)

自分の漫画に自信がなくたって一度決めた出店なら、漫画が売れなくてもブースに座っていればいいだろ!
なんて思ってしまって全然感情移入できなかった。
日本だと、こんな感じで自分に自信が持てずウジウジするタイプが多いのかね?
芦田愛菜さんの演技もどこか不自然であまり冴えた感じがしなかった。
医者との両立はいくらなんでもムリだからそっちの方にすすんだほうがいいんじゃないか?
たぶん、そんな感じになるのではないか?なんて映画とはあまり関係ないことを考えた。




この記事へのコメント