Billboard 2022年6月18日



【アルバム】
Un_Verano_Sin_Ti.pngバッド・バニーの “Un Verano Sin Ti” が3%減の13万7千ユニットながら2位から1位に上昇して2週目の1位。
ストリーミングユニットは3%減の13万5千5百でこれは1億8,947万回のオンディマンドストリームに相当する。

ポスト・マローンの “Twelve Carat Toothache” が2位に初登場。
ポイント12万1千ユニットのうち売上は2万1千枚。
ストリーミングユニットは9万8千でこれは1億2,782万回のオンディマンドストリームに相当する。
6月3日に14曲収録の通常盤がストリーミングとダウンロード及びCDで発売された。
6月7日に2曲が追加されたデラックス盤もストリーミングとダウンロードで追加発売。
6月24日にカセットも発売予定。
レコードは随分と先の2023年2月10日に発売される。
2019年の前作 “Hollywood’s Bleeding” は48万9千ユニット(20万枚)で初登場ナンバー1を飾り合計5週1位を記録。
2018年の “Hollywood’s Bleeding” も46万1千ユニット(15万3千枚)で初登場ナンバー1を飾り3週にわたって1位をキープ。
“Twelve Carat Toothache” は予想外の大幅成績ダウン。

ハリー・スタイルズの “Harry’s House” は2週続いた1位から3位に後退。
ポイントは29%減の11万3千5百ユニット。

フューチャーの “I Never Like You” は10%減の6万1千ユニットながら4位変わらず。

ケンドリック・ラマーの “Mr. Morale & The Big Steppers” は3位から5位に後退。
ポイントは40%減の5万4千ユニット。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double” は3%減の5万2千ユニットで5位から6位に後退。
トップ10入りは73週目で、アラニス・モリセット Jagged Little Pill を抜き1990年以降ではアデル 21 の84週に続く単独2位に浮上。

セブンティーンの “Face the Sun” が7位に初登場して初のトップ10入り。
ポイントは4万4千でそのうち売上が4万2千枚。
ストリーミングユニットは2千でこれは271万回のオンディマンドストリームに相当する。
2021年10月のミニアルバム “Attacca” は初登場最高13位。
2021年6月の “Your Choice” は初登場最高15位。
他のK-POPアーティスト同様にターゲット限定ヴァージョンを含む全部で7種類の写真やポストカード、ポスター付きのパッケージでCDが販売されている。

オリビア・ロドリゴの “Sour” は8位変わらず。
ポイントは6%減の3万7千ユニット。

ザック・ブライアンの “American Heartbreak” は17%減の3万4千ユニットで7位から9位に後退。

ジャック・ハーロウの “Come Home the Kids Miss You” は9位から10位に後退。
ポイントは9%減の3万1千5百ユニット。
2020年の “Thats What They All Say” は5万1千ユニット(2千枚)で初登場最高5位。

1 2 Un Verano Sin Ti / Bad Banny 137,000 (1,000)
2 - Twelve Carat Toothache / Post Malone 121,000 (21,000)
3 1 Harry’s House / Harry Styles 113,500
4 4 I Never Liked You / Future 61,000
5 3 Mr. Morale & The Big Steppers / Kendrick Lamar 54,000
6 5 Dangerous: The Double / Morgan Wallen 52,000
7 - Face the Sun / SEVENTEEN 44,000 (42,000)
8 8 Sour / Olivia Rodrigo 37,000
9 7 American Heartbreak / Zach Bryan 34,000
10 9 Come Home the Kids Miss You / Jack Harlow 31,500

【シングル】
01097185N000000000/164982166967794413653.pngハリー・スタイルズの “As It Was” が3週連続通算6週目の1位。
エアプレイ2%増の7,510万ながら4週続いたRadio Songs 1位から2位に後退。
ストリーミング9%減の2,500万でStreaming Songs 2位から3位に後退。
ダウンロードは6%増の6千9百でDigital Song Sales 6位から4位に上昇。

ジャック・ハーロウの “First Class” は2位変わらず。
エアプレイ8%増の7,930万でRadio Songs 2位から1位に上昇。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートで通算8週目の1位。

フューチャー フィーチャリング ドレイクとテムズの “Wait for U” も3位変わらず。

ケイト・ブッシュの1985年に最高30位に到達したヒット “Running Up That Hill (A Deal With God)” が8位から4位に上昇。
ネットフリックスの「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン4 Vol.1(5月27日放映開始)でマックス・メイフィールド(演セイディー・シンク)のテーマとして使用されている。
ストリーミング65%増の2,900万で今週のストリーミングゲイナーを獲得してStreaming Songs 2位から1位に上昇。
エアプレイも519%増の240万の視聴を稼ぎ出した。
売上も21%増の2万2千2百でサールスゲイナーを獲得しDigital Song Sales 2週連続1位。
発売後36年9か月と2週を費やしてのトップ5入りはクリスマスソングを除けば63年のチャート史上最長、クリスマスソング含めても3位の記録。
一番長くかかったのはボビー・ヘルム “Jingle Bell Rock” で1958/12/22から2020/1/4の61年2週。
二番目はブレンダ・リー “Rockin’ Around the Christmas Tree” 1960/12/12から2019/12/21の59年1週。
三番目がこの曲で 1985/9/7から2022/6/18の36年9か月2週。
以下四番目がマライア・キャリー “All I Want for Christmas Is You” 2000/1/8から2019/1/5 19年、五番目がクイーンの “Bohemian Rhapsody” 1976/1/3から1992/4/18 16年3か月と2週となっている。
クリスマスソングを除けばクイーンとブッシュだけで非常に珍しい記録と云えよう。
ボヘミアン・ラプソディーのリバイバルも今回のブッシュのケースと同様1992年の映画ウェインズ・ワールドでの楽曲使用によるもの。
“Running Up That Hill (A Deal With God)” が収録されたアルバムHounds of Love も59%増の2万7千ユニットでアルバムチャート28位から12位に上昇。

ちなみに “Running Up That Hill (A Deal With God)” はケイト・ブッシュが独りで書いて演じてプロデュースまで行っている。
そういう曲がシングルチャートにランクインするのはホジアーの “Take Me to Church” が2014年12月に最高2位到達して以来7年半ぶり。
その前はファレル・ウィリアムスの “Happy”。
女性アーティストではアリシア・キーズの “If I Ain’t Got You” が2004年7月に最高4位に到達して以来ほぼ18年ぶりとなる。
このまま1位まで突っ走ったらすごい。
Hot Rock & Alternative Songs と Hot Alternative Songs の両チャートでブッシュ初の1位。

リゾの “About Damn Time” は4位から5位に後退。
エアプレイ22%増の5,040万で2週連続エアプレイゲイナーを獲得。
Hot R&B Songs チャートで3週連続通算4週目の1位。

グラス・アニマルスの “Heat Waves” は5位から6位に後退。

ラットの “Big Energy” も6位から7位に後退。

バッド・バニーとチェンチョ・コレオンの “Me Porto Bonito” も7位から8位に後退。
Hot Latin Songs チャートで4週目の1位。

ポスト・マローン フィーチャリング ドージャ・キャットの “I Like You (A Happier Song)” が9位に初登場。
売上4千1百でDigital Song Sales10位。
1,890万ストリームで Streaming Songs 6位。
エアプレイも560万の視聴を稼ぎ出した。

バッド・バニーの “Tití Me Preguntó” が11位から10位に上昇してトップ10再突入。
4週前に最高5位に初登場。

1 1 As It Was / Harry Styles
2 2 First Class / Jack Harlow
3 3 Wait For U / Future featuring Drake and Tems
4 8 Running Up That Hill (A Deal With God) / Kate Bush
5 4 About Damn Time / Lizzo
6 5 Heat Waves / Glass Animals
7 6 Big Energy / Latto
8 7 Me Porto Bonito / Bad Bunny and Chencho Corleone
9 - I Like You (A Happier Song) / Post Malone featuring Doja Cat
10 11 Tití Me Preguntó / Bad Bunny

次週≪≫前週

この記事へのコメント