Billboard 2022年7月16日



【アルバム】
Un_Verano_Sin_Ti.pngバッド・バニーの “Un Verano Sin Ti” が4%減の11万1千ユニットながら2週連続通算4週目の1位。
ストリーミングユニットは4%減の10万9千ユニットでこれは1億5,412万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。

ハリー・スタイルズの “Harry’s House” は6位から2位に上昇。
ポイントは14%減の5万4千ユニット。

ドレイクの “Honestly, Nevermind” は3位変わらず。
ポイントは29%減の5万2千ユニット。
2021年の前作 “Certified Lover Boy” は61万3千ユニット(4万6千枚)で初登場ナンバー1。
ドレイクのナンバー1アルバムは11枚目で65年のチャート史上9組しかいない二桁ナンバー1アルバム保持者。
一番はザ・ビートルズの19枚で以下ジェイ-Z14枚ブルース・スプリングスティーンとバーブラ・ストレイザンドとドレイク11枚、エミネム、エルビス、カニエとテイラー・スイフト10枚と続く。
9枚はガース・ブルック、ケニー・チェズニー、マドンナとザ・ローリング・ストーンズの5組。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double” は1%減の5万ユニットながら8位から4位に上昇。

シャインダウンの “Planet Zero” が5位に初登場。
ポイント4万9千ユニットのうち売上は4万3千枚。
ストリーミングユニットは6千ユニットでこれは767万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。
トップ10入りは5枚目で2018年の前作 “ATTENTION ATTENTION” は6万ユニット(5万5千枚)で初登場最高5位。

リル・ダークの “7220” は38%減の4万2千ユニットで5位から6位に後退。
13曲が追加収録されたデラックス盤が6月24日に発売された。

フューチャーの “I Never Like You” は7%減の4万ユニットながら10位から7位に上昇。

クリス・ブラウンの “Breezy” は52%減の3万5千ユニットで先週の初登場4位から8位に後退。
彼のトップ10入りは12枚目。
2019年の前作 “Indigo” は10万8千ユニット(2万8千枚)で初登場ナンバー1。
他に2011年の“F.A.M.E.” と2012年の “Fortune” がナンバー1を記録している。

ザ・ウィークエンドの “The Highlights“ が52位から9位に上昇。
今週のアルバムセールス2千でAfter Hours と Starboy の売上千枚以下を上回り、収録曲“Blinding Lights” “Save Your Tears” “Starboy” と “I Feel It Coming” などの集計がこのアルバムに集まったことによる上昇。たいした意味はない。
ポイントは144%増の3万4千ユニット。

ポスト・マローンの “Twelve Carat Toothache “ が12位から10位に上昇。
ポイントは13%減の3万1千ユニット。

1 1 Un Verano Sin Ti / Bad Banny 111,000
2 6 Harry’s House / Harry Styles 54,000
3 3 Honestry,Nevermind / Drake 52,000
4 8 Dangerous: The Double / Morgan Wallen 50,000
5 - Planet Zero / Shinedown 49,000 (43,000)
6 5 7220 / Lil Durk 42,000
7 10 I Never Liked You / Future 40,000
8 4 Breezy / Chris Brown 35,000
9 52 The Highlights / The Weeknd 34,000
10 12 Twelve Carat Toothache / Post Malone 31,000

【シングル】
01097185N000000000/164982166967794413653.pngハリー・スタイルズの “As It Was” が2週連続通算9週目の1位。
エアプレイ1%減の7,340万で Radio Songs 3位変わらず。
ストリーミングは3%減の1,800万ながらStreaming Songs 7位から6位に上昇。
ダウンロードは10%減の5千で Digital Song Sales 8位から11位に後退。
3回1位返り咲きを果たすのはマライア・キャリー“All I Want for Christmas Is You” (2019-22), 24kゴールデン フィーチャリング イアン・ディオール “Mood” (2020-21)とドレイクの “Nice for What” (2018) に続く4曲目。

リゾの “About Damn Time” は3位から2位に上昇。
エアプレイ7%増の8,320万でRadio Songs 2位から1位に上昇。
ストリーミングは2%減の1,250万。
ダウンロードも10%減の8千。
Hot R&B Songs チャートで7週連続通算8週目の1位。
Hot R&B/Hip-Hop Songsチャートは初の1位。
ニューアルバムSpecialは7月15日発売予定。

ジャック・ハーロウの “First Class” は2位から3位に後退。
Hot Rap Songs チャートで通算11週目の1位。

ケイト・ブッシュの1985年に最高30位に到達したヒット “Running Up That Hill (A Deal With God)” が6位から4位に上昇。
ネットフリックスの「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン4(7月1日放映開始)でマックス・メイフィールド(演セイディー・シンク)のテーマとして使用されている。
エアプレイ30%増の2,460万。
ストリーミングは20%増の2,230万で今週のストリーミングゲイナーを獲得してStreaming Songs6位から1位に上昇して通算2週目の1位。
ダウンロードも45%増の1万7千で今週のデジタルゲイナーを獲得して Digital Song Sales 3位から1位に上昇して通算3週目の1位。
Hot Rock & Alternative Songs と Hot Alternative Songs の両チャートで5週連続1位。

フューチャー フィーチャリング ドレイクとテムズの “Wait for U” は4位から5位に後退。

ドレイク フィーチャリング 21サヴェージの “Jimmy Cooks” は先週の5位から6位に後退。

バッド・バニーとチェンチョ・コレオンの “Me Porto Bonito” が8位から7位に上昇。
Hot Latin Songs チャートで8週目の1位。

グラス・アニマルズの “Heat Waves” は9位から8位に上昇。
シングルチャートへのランクインは77週目で史上4位タイ。

Hot100へのランクイン週数の多い曲リスト
90週 “Blinding Lights” ザ・ウィークエンド (最高1位4週間)2020/4/4~
87週 “Radioactive” イマジン・ドラゴンズ (最高3位)2013/7/6~
79週 “Sail” AWOLNATION” (最高17位)2013/10/12~
77週 “Levitating” デュア・リパ (最高2位)2021/5/22~
77週 “Heat Waves” グラス・アニマルズ(最高1位5週間)2021/3/12~
76週 “I’m Yours” ジェイソン・ムラズ(最高6位)2008/9/20~

トップ10内チャートインは34週目でマルーン5フィーチャリングカーディーB “Girls Like You” を抜いてグループでは最多、全アーティストでもザ・ウィークエンド “Blinding Lights” (57週), ザ・キッドラロイとジャスティン・ビーバー“Stay” (44週) とデュア・リパ “Levitating” (41週)に続く史上4位の記録を樹立。

ビヨンセの “Break My Soul” は7位から9位に後退。
エアプレイ54%増の3,420万で今週のエアプレイゲイナーを獲得して Radio Songs 28位から12位に上昇。
ストリーミングは26%減の1,150万でStreaming Songs 17位から8位に上昇。
ダウンロードも36%減の7千で Digital Song Sales 1位から4位に後退。
彼女のトップ10入りは20曲目。
2020年のミーガン・ジー・スタリオンとの共演 “Savage” 以来。
ソロでは2016年の “Formation” が初登場最高10位を記録して以来。

トップ10ヒット曲数の多いアーティスリスト
58, Drake
38, Madonna
34, The Beatles
31, Rihanna
30, Michael Jackson
30, Taylor Swift
28, Mariah Carey
28, Elton John
28, Stevie Wonder
27, Janet Jackson
25, Elvis Presley (with his career having predated the Hot 100’s start)
25, Lil Wayne
23, Whitney Houston
23, Paul McCartney
23, The Rolling Stones
22, Eminem
22, Jay-Z
20, Beyoncé
20, Chicago
20, Nicki Minaj
20, The Supremes
20, Ye

ラットの “Big Energy” が11位から10位に上昇してトップ10再突入。
4月に最高3位まで上昇。

1 1 As It Was / Harry Styles
2 3 About Damn Time / Lizzo
3 2 First Class / Jack Harlow
4 6 Running Up That Hill (A Deal With God) / Kate Bush
5 4 Wait For U / Future featuring Drake and Tems
6 5 Jimmy Cooks / Drake & 21 Savage
7 8 Me Porto Bonito / Bad Bunny
8 9 Heat Waves / Glass Animals
9 7 Break My Soul / Beyoncé
10 11 Big Energy / Latto

次週≪≫前週



この記事へのコメント