Billboard 2022年9月10日



【アルバム】
God_Did.pngDJキャレドの “God Did” が10万7千5百ユニット(9千5百枚)で初登場1位。
4枚目のナンバー1で通算10枚目のトップ10入り。
ストリーミングユニットは9万6千ユニットでこれは1億2,982万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。
2021年の前作 “Khaled Khaled” は9万3千ユニット(1万4千枚)で初登場1位。
他にGrateful (2017年) と Major Key (2016年)が1位を記録。

バッド・バニーの “Un Verano Sin Ti” は1%増の10万6千ユニットながら1位から2位に後退。

トゥワイスの “Between 1&2” が10万ユニット(9万4千枚)で3位に初登場。
ストリーミングユニットは6千ユニットでこれは918万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。
他のKポップアーティスト同様にフォトカードやポスター、ステッカーとセットになった17種類のCDパッケージが売り出されて売上枚数の96.5%がCDで残りがダウンロード。
レコードやカセットの販売は無い。

ケンドリック・ラマーのナンバー1アルバム “Mr. Morale & The Big Steppers” が188%増の5万5千ユニットで24位から4位に上昇。
レコード発売で売上枚数2,408%増の3万8千枚。
そのうちレコードの売上が3万6千枚。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double” は3%増の5万ユニットながら4位から5位に後退。
トップ10内在位は85週目となりアデルの 21 とブルース・スプリングスティーンの Born in the U.S.A. を抜きピーター・ポール・アンド・メアリーのセルフタイトルと並ぶ史上8位タイ。

トップ10内在位週数の長いアルバムリスト
173, Original Cast, My Fair Lady, 1956
109, Soundtrack, The Sound of Music, 1965
106, Soundtrack, West Side Story, 1962
105, Original Cast, The Sound of Music, 1960
90, Soundtrack, South Pacific, 1958
87, Original Cast, Camelot, 1961
87, Soundtrack, Oklahoma!, 1956
85, Morgan Wallen, Dangerous: The Double Album, 2021
85, Peter, Paul and Mary, Peter Paul and Mary, 1962
84, Adele, 21, 2011
84, Bruce Springsteen, Born in the U.S.A., 1984

ビヨンセの “Renaissance” は12%減の4万6千ユニットで3位から6位に後退。

シルク・ソニックの“An Evening With Silk Sonic” が509%増の4万4千ユニットで200位から7位に上昇。
レコード発売で売上枚数4,595%増の4万4千枚。
そのうちレコード売上が3万7千枚。

ロッド・ウェーブの “Beautiful Mind” は24%減の4万3千ユニットで2位から8位に後退。
昨年の “SoulFly” は13万ユニット(4千枚)で初登場最高1位。

ハリー・スタイルズの “Harry’s House” は5位から9位に後退。
ポイントは5%減の4万3千ユニット。

ニッキー・ミナージュのベストアルバム “Queen Radio: Volume 1” が3万2千ユニット(3千枚)で10位に初登場。

ストリーミングユニットは2万7千5百ユニットでこれは3,843万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。
彼女のトップ10入りは6枚連続。
27曲収録の通常盤のほか “Likkle Miss” のリミックスがボーナス収録されたヴァージョンが発売されている。
最新ヒット“Super Freaky Girl.” を含む15曲のトップ40ヒットが収録されている。

1 – God Did / DJ Khaled 107,500 (9,500)
2 1 Un Verano Sin Ti / Bad Banny 106,000
3 - Between 1&2 / TWICE 100,000 (94,000)
4 24 Mr. Morale & The Big Steppers / Kendrick Lamar 55,000 (38,000)
5 4 Dangerous: The Double / Morgan Wallen 50,000
6 3 Renaissance / Beyoncé 46,000
7 200 An Evening With Silk Sonic / Silk Sonic 44,000 (38,000)
8 2 Beautiful Mind / Rod Wave 43,000
9 5 Harry’s House / Harry Styles 43,000
10 - Queen Radio: Volume 1 / Nicki Minaj 32,000 (3,000)

【シングル】
01097185N000000000/164982166967794413653.pngハリー・スタイルズの “As It Was” が2週連続通算12週目の1位。
エアプレイ3%減の6,990万ながらRadio Songs 2位変わらず。
ストリーミング2%増の1,540万ながら Streaming Songs 6位から7位に後退。
ダウンロードも9%増の4千で Digital Song Sales 22位から19位に上昇。
4月16日に初の1位を記録して以来今週は22週目。
このスパンは史上3位の長さで、マライア・キャリー “All I Want for Christmas Is You” の2年と3週間、チャビー・チェッカー “The Twist” の1年4か月に次ぐ。
22週のうちトップ2内に21週在位しており、これは64年のチャート史上2位タイの記録となる。
2位以内滞在週数の多い曲のリスト
21週 “As It Was” Harry Styles, 2022/4/16~ (12週 No. 1, 9週 No. 2)
21週 “Stay” The Kid LAROI & Justin Bieber, 2021/4/14~ (7週 No. 1, 14週 No. 2)
19週 “Old Town Road” Lil Nas X feat. Billy Ray Cyrus, 2019/4/13~ (19週 No. 1, 0週 No. 2)
18週 “Uptown Funk!” Mark Ronson feat. Bruno Mars, 2015/1/17~ (14週 No. 1, 4週 No. 2)
17週 “Despacito” Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber, 2017/5/27~ (16週 No. 1, 1週 No. 2)
16週 “Shape of You” Ed Sheeran, 2017/1/28~ (12週 No. 1, 4週 No. 2)
16週 “I Gotta Feeling” The Black Eyed Peas, 2009/7/11~ (14週 No. 1, 2週 No. 2)
16週 “We Belong Together” Mariah Carey, 2005/6/4~ (14週 No. 1, 2週 No. 2)
16週 “One Sweet Day” Mariah Carey & Boyz II Men, 1995/12/2~ (16週 No. 1,0週 No. 2)
“One Sweet Day” 以外はすべて今世紀に入ってからの曲ばかりなのが目を引く。

1位復帰3回は3曲。
マライア・キャリー “All I Want for Christmas Is You”
24kゴールデン フィーチャリング イアン・ディオール “Mood”
ドレイク “Nice for What“

スティーヴ・レイシーの “Bad Habit” は3位から2位に上昇。
ストリーミング2%減の2,030万ながら Streaming Songs チャートで1位に復帰して通算3週目の1位。
Hot Rock & Alternative Songs、Hot Rock Songs と Hot Alternative Songs の3チャートで2週連続1位に加えてHot R&B/Hip-Hop Songs と Hot R&B Songs も1位に上昇。
5チャートすべてを制覇するのは史上初記録。
エアプレイは18%増の2,750万で Radio Songs 24位から19位に上昇。

リゾの “About Damn Time” は2位から3位に後退。
エアプレイ7%減の7,000万ながらRadio Songs 9週連続1位。

ケイト・ブッシュの1985年に最高30位に到達したヒット “Running Up That Hill (A Deal With God)” は4位変わらず。
売上72%増の7千で今週のセールスゲイナー獲得。
CDシングルの発売と69セント安売りセールで売上増。
ネットフリックスの「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン4(7月1日放映開始)でマックス・メイフィールド(演セイディー・シンク)のテーマとして使用されている。

ニッキー・ユーアーとデイジーの “Sunroof” は6位から5位に上昇。

エルトン・ジョンとブリトニー・スピアーズの “Hold Me Closer” が6位に初登場。
エアプレイは2,090万でRadio Songs 31位。
ストリーミングは1,110万でStreaming Songs 17位。
ダウンロードは4万8千でDigital Songs Sales 初登場1位。
エルトン・ジョンのトップ10入りは29枚目で単独7位に浮上。

トップ10入りの多いアーティストリスト
59, Drake
38, Madonna
34, The Beatles
31, Rihanna
30, Michael Jackson
30, Taylor Swift
29, Elton John
28, Mariah Carey
28, Stevie Wonder
27, Janet Jackson

ニッキー・ミナージュの “Super Freaky Girl” は7位変わらず。
エアプレイ51%増の1,390万で今週のエアプレイゲイナー獲得。
Hot Rap Songsチャートは3週連続1位。

ポスト・マローン フィーチャリング ドージャ・キャットの “I Like You (A Happier Song)” は10位から8位に上昇。

ビヨンセの “Break My Soul” は5位から9位に後退。

ビヨンセのナンバー1ソングリスト
“Crazy in Love” feat. Jay-Z(8週間)2003/7/12~
“Baby Boy” feat. Sean Paul(9週間)2003/10/4~
“Check on It” feat. Slim Thug(5週間)2006/2/4~
“Irreplaceable” (10週間)2006/12/16~
“Single Ladies (Put a Ring on It)” (4週間)2008/12/13~
“Perfect” (Ed Sheeran duet with Beyoncé) (6週間)2017/12/23~
“Savage” (Megan Thee Stallion feat. Beyoncé) (1週間)2020/5/30
“Break My Soul” (2週間)2022/8/13~8/10

フューチャー フィーチャリング ドレイクとテムズの “Wait for U” は8位から10位に後退。

1 1 As It Was / Harry Styles
2 3 Bad Habit / Steve Lacy
3 2 About Damn Time / Lizzo
4 4 Running Up That Hill (A Deal With God) / Kate Bush
5 6 Sunroof / Nicky Youre and dazy
6 - Hold Me Closer / Elton John and Britney Spears
7 7 Super Freaky Girl / Nicki Minaj
8 10 I Like You (A Happier Song) / Post Malone featuring Doja Cat
9 5 Break My Soul / Beyoncé
10 8 Wait For U / Future featuring Drake and Tems

次週≪≫前週

この記事へのコメント