Billboard 2022年10月1日



【アルバム】
Born_Pink.jpegブラックピンクの2枚目 “Born Pink” が1位に初登場して初のナンバー1。
ポイント10万2千ユニットのうち売上は7万5千5百枚。
ストリーミングユニットは2万5千でこれは3,749万回のオンディマンドストリームに相当する。
女性グループのアルバムが1位を飾るのはダニティ・ケインの2枚目 “Welcome to the Dollhouse” が2008年4月5日付で初登場1位を飾って以来14年半ぶりの快挙。
7万5千5百枚のうちダウンロードは1万1千5百に過ぎず残りの6万4千枚はすべてCD売上。
レコードやカセットの販売は無い。
Kポップアーティスト恒例の(笑)ランダム封入のフォトカード、ポストカードやステッカー入りのCDパッケージが17種類売られている。
カバーアートはメンバー4人それぞれのヴァージョンがあり署名入りでアーティストのウェブサイトほかで売られている。
豪華盤のCDパッケージはデジパックとボックスセットがありそれぞれ26ドルと50ドルの高値で発売された。
デジパックは14ドル99セントに値下がりし署名入りもインディーリテイルで14ドル99セントで買えるようになった。
ダウンロードも最初は7ドル99セントで発売されたが3ドル99セントまで値下がり(笑)
シングル “Pink Venom” は9月3日に初登場最高22位。
Billboard Global 200 で2週、Billboard Global Excl. U.Sでは3週1位。
世界的にヒットしているようだが日本ではまったく話題にのぼらないのは何故?

2021年の前作 “The Album” は11万ユニット(8万1千枚)で初登場最高2位。

バッド・バニーの “Un Verano Sin Ti” が4%減の9万3千ユニットで1位から2位に後退。

エヌシーティー127の “2 Baddies” が5万8千5百ユニット(5万5千5百枚)で3位に初登場して3枚目のトップ10入り。
ストリーミングユニットは3千ユニットでこれは385万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。
ブラックピンク同様8種類のパッケージが売られている。
2021年の前作 “Sticker: The 3rd Album” は5万8千ユニットで初登場最高3位。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double” は3%減の4万8千ユニットながら4位変わらず。
トップ10内在位は88週目となりキャメロットとオクラホマを抜き単独6位。

トップ10内在位週数の長いアルバムリスト
173, Original Cast, My Fair Lady, 1956
109, Soundtrack, The Sound of Music, 1965
106, Soundtrack, West Side Story, 1962
105, Original Cast, The Sound of Music, 1960
90, Soundtrack, South Pacific, 1958
88, Morgan Wallen, Dangerous: The Double Album, 2021
87, Original Cast, Camelot, 1961
87, Soundtrack, Oklahoma!, 1956
85, Peter, Paul and Mary, Peter Paul and Mary, 1962
84, Adele, 21, 2011
84, Bruce Springsteen, Born in the U.S.A., 1984

ザ・ウィークエンドの “The Highlights” が139%増の3万9千ユニット(千枚)で32位から5位に上昇。
ヒット曲のストリーミングユニットがこちらに集計されたことによる上昇。

ビヨンセの “Renaissance” は3%減の3万6千ユニットながら8位から6位に上昇。

ハリー・スタイルズの “Harry’s House” は7位変わらず。
ポイントは8%減の3万5千ユニット。

エスト・ジーの “I Never Felt Nun” が3万ユニット(千枚)で8位に初登場して2枚目のトップ10入り。
ストリーミングユニットは2万9千ユニットでこれは4,115万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。

ロッド・ウェーブの “Beautiful Mind” は9%減の2万9千ユニットながら9位変わらず。
昨年の “SoulFly” は13万ユニット(4千枚)で初登場最高1位。

ヤングボーイ・ネバー・ブローク・アゲインの “Realer 2” は30%減の2万7千ユニットで6位から10位に後退。
前作 “The Last Slimeto” は10万8千4百ユニット(5千枚)で初登場最高2位。

1 – Born Pink / BLACKPINK 102,000 (75,500)
2 1 Un Verano Sin Ti / Bad Banny 93,000
3 - 2 Baddies / NCT 127 58,500 (55,500)
4 4 Dangerous: The Double / Morgan Wallen 48,000
5 32 The Highlight / The Weeknd 39,000 (1,000)
6 8 Renaissance / Beyoncé 36,000
7 7 Harry’s House / Harry Styles 35,000
8 - I Never Felt Nun / EST Gee 30,000 (1,000)
9 9 Beautiful Mind / Rod Wave 29,000
10 6 Realer 2 / YoungBoy Never Broke Again 27,000

【シングル】
01097185N000000000/164982166967794413653.pngハリー・スタイルズの “As It Was” が5週連続通算15週目の1位。
エアプレイ2%減の6,600万ながらRadio Songs 3週連続通算7週目の1位。
ストリーミング6%減の1,350万で Streaming Songs 6位から9位に後退。
ダウンロードは13%増の3千で Digital Song Sales 24位から15位に再上昇。

15週以上1位を記録した曲はチャート史上4曲目。
15週1位は単独4位の長さとなる。

1位滞在週の長い曲のリスト
19, “Old Town Road” Lil Nas X feat. Billy Ray Cyrus, 2019/4/13~
16, “Despacito” Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber, 2017/5/27~
16, “One Sweet Day” Mariah Carey & Boyz II Men, 1995/12/2~
15, “As It Was” Harry Styles, 2022/4/16~
14, “Uptown Funk!” Mark Ronson feat. Bruno Mars, 2015/1/17~
14, “I Gotta Feeling” The Black Eyed Peas, 2009/7/11~
14, “We Belong Together” Mariah Carey, 2005/6/4~
14, “Candle in the Wind 1997″/”Something About the Way You Look Tonight” Elton John, 1997/10/11~
14, “Macarena (Bayside Boys Mix)” Los Del Rio, 1996/8/3~
14, “I’ll Make Love to You” Boyz II Men, 1994/8/27~
14, “I Will Always Love You” Whitney Houston, 1992/11/28~

英国のアーティストでは、15週1位は史上一位の長さとなる。

英国のアーティストで1位滞在週の長い曲のリスト
15, “As It Was” Harry Styles, 2022/4/16~
14, “Uptown Funk!” Mark Ronson feat. Bruno Mars, 2015/1/17~
14, “Candle in the Wind 1997″/”Something About the Way You Look Tonight” Elton John, 1997/10/11~
12, “Shape of You,” Ed Sheeran, 2017/1/28~
10, “Easy on Me,” Adele, 2021/10/30~
10, “One Dance,” Drake feat. WizKid & Kyla*, 2016/4/23~
10, “Hello,” Adele, 2015/11/14~
10, “We Found Love,” Rihanna feat. Calvin Harris*, 2011/11/12~
10, “Physical,” Olivia Newton-John, 1981/11/21~
9, “Hey Jude,” The Beatles, 1968/9/28~

4月16日に初の1位を記録して以来今週は25週目。
このスパンは史上3位の長さで、マライア・キャリー “All I Want for Christmas Is You” の2年と3週間、チャビー・チェッカー “The Twist” の1年4か月に次ぐ。

25週のうちトップ2内に24週在位しており、これは64年のチャート史上1位となる。
2位以内滞在週数の多い曲のリスト
24週 “As It Was” Harry Styles, 2022/4/16~ (14週 No. 1, 9週 No. 2)
21週 “Stay” The Kid LAROI & Justin Bieber, 2021/4/14~ (7週 No. 1, 14週 No. 2)
19週 “Old Town Road” Lil Nas X feat. Billy Ray Cyrus, 2019/4/13~ (19週 No. 1, 0週 No. 2)
18週 “Uptown Funk!” Mark Ronson feat. Bruno Mars, 2015/1/17~ (14週 No. 1, 4週 No. 2)
17週 “Despacito” Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber, 2017/5/27~ (16週 No. 1, 1週 No. 2)
16週 “Shape of You” Ed Sheeran, 2017/1/28~ (12週 No. 1, 4週 No. 2)
16週 “I Gotta Feeling” The Black Eyed Peas, 2009/7/11~ (14週 No. 1, 2週 No. 2)
16週 “We Belong Together” Mariah Carey, 2005/6/4~ (14週 No. 1, 2週 No. 2)
16週 “One Sweet Day” Mariah Carey & Boyz II Men, 1995/12/2~ (16週 No. 1,0週 No. 2)
“One Sweet Day” 以外はすべて今世紀に入ってからの曲ばかりなのが目を引く。

1位復帰3回は3曲。
マライア・キャリー “All I Want for Christmas Is You”
24kゴールデン フィーチャリング イアン・ディオール “Mood”
ドレイク “Nice for What“

スティーヴ・レイシーの “Bad Habit” は2位変わらず。
エアプレイ10%増の3,780万で Radio Songs 13位から8位に上昇。
ストリーミングはよこばいの1,960万ながらStreaming Songs 2位から1位に復帰して通算5週目の1位。
売上は2千でDigital Songs Sales 37位。
Hot Rock & Alternative Songs、Hot Rock Songs と Hot Alternative Songs の3チャートで5週連続1位に加えてHot R&B/Hip-Hop Songs と Hot R&B Songs も4週連続1位。
5チャートすべてを制覇するのは史上初記録。

ポスト・マローン フィーチャリング ドージャ・キャットの “I Like You (A Happier Song)” は5位から3位に上昇。

ニッキー・ユーアーとデイジーの “Sunroof” は4位変わらず。

ニッキー・ミナージュの “Super Freaky Girl” は3位から5位に後退。
Hot Rap Songsチャートは6週連続1位。

モーガン・ウォレンの “You Proof” は6位変わらず。
Hot Country Songs チャートで6週目の1位。

ワンリパブリックの “I Ain’t Worried” は8位から7位に上昇。

ルーク・コムズの “The Kind of Love We Make” は14位から8位に上昇。
エアプレイ5%増の3,270万。
ストリーミングも13%増の1,390万。
売上も8%増の3千。

リゾの “About Damn Time” は7位から9位に後退。

フューチャー フィーチャリング ドレイク アンド テムズ の “Wait for U” は10位変わらず。

1 1 As It Was / Harry Styles
2 2 Bad Habit / Steve Lacy
3 5 I Like You (A Happier Song) / Post Malone featuring Doja Cat
4 4 Sunroof / Nicky Youre and dazy
5 3 Super Freaky Girl / Nicki Minaj
6 6 You Proof / Morgan Wallen
7 8 I Ain’t Worried / OneRepublic
8 14 The Kind of Love We Make / Luke Combs
9 7 About Damn Time / Lizzo
10 10 Wait for U / Future featuring Drake and Tems

次週≪≫前週

この記事へのコメント