アイ・アム まきもと





アイ・アム まきもと@イイノホール
まきもと.jpg

制作年:2022
制作国:日本
日本公開:2022年9月30日
上映時間:1時間44分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

監督☆水田伸生
脚本☆倉持裕

キャスト
牧本壮☆阿部サダヲ
津森塔子☆満島ひかり
蕪木孝一郎☆宇崎竜童
神代亨☆松下洸平
下林智之☆でんでん
平光啓太☆松尾スズキ
小野口義久☆坪倉由幸
今江みはる☆宮沢りえ
槍田幹二☆國村隼

【あらすじ】
とある市役所で、人知れず亡くなった人を埋葬する「おみおくり係」として働く牧本壮(阿部サダヲ)。空気が読めず人の話を聞かない彼は、故人を思うがあまり周囲を振り回すこともしばしばだった。そんなある日、おみおくり係の廃止が決定する。孤独に亡くなった老人・蕪木孝一郎(宇崎竜童)の葬儀が最後の仕事となった牧本は、故人の身寄りを探すために友人や知人を訪ね歩き、蕪木の娘・津森塔子(満島ひかり)のもとにたどり着く。

【感想】
ウベルト・パゾリーニ監督による『おみおくりの作法』のリメイクだということは知らなかった。
だいたいストーリーは同じだが、コメディタッチの味付けがきいていた。

邦題は「アイ・アム まきもと」だが紙に書く時なんども「アイ・アム まきもの」
と書いてしまったのは阿部サダヲの魔力だろうか?😆

一番笑ったのは神代刑事が蕪木の情報を牧本に渡すところ。
設定キャラクターの特徴がいちばんわかるシーンだった。
あーだこーだ言ってもしかたないのでぜひ劇場で観て笑ってちょっとしんみりしてください。
あしたから公開です。

この記事へのコメント