第384回詰工房参加記





11月26日(土)に開催された第384回詰工房の参加記を小池さんのマネして書いてみる(笑)
小池さんのブログ⇒ 詰将棋の欠片

田中徹さんのブログ⇒ベイと祭りと詰将棋にもいずれ記事が掲載されるであろう。
田中さんのブログは最近あまり更新されていないようだ。

詰工房への参加は3か月ぶり。
今月も会場の大田区産業プラザ(PiO)まで往復ともJRの蒲田から会場まで歩いた。
所要時間は10分少々。
午前中降っていた雨が止んだのはありがたかった。

定刻の13時30分少し前に到着。
既に開場していて4番乗り。
すぐに竹中さん父娘がやってくる。
仲が良くてうらやましい。
小学生から還暦すぎたジジイまで幅広く最終的な参加者は18名と盛会。
看寿賞受賞作家の参加は2名。

今日のメインイベントは「ソレ」😁
竹中さんに「○手目おしえて」
以下省略。
結果発表をお楽しみに。

大学の後輩Yくんに「勝ちを手繰り寄せる 次の一手ミニ問題集をもらった。
将棋の実力向上に役に立つ良い問題集。
こういうのをたくさん考えるとセンスが磨かれると思う。
次の一手.jpg

今回も関東研修会C1所属の中学2年生T君がいた。
詰将棋は解く作るの両刀使い。
さっそく詰将棋の出題があった。
センスの良い問題で感心。

今月はT君をはじめ、いつも通り芹田さんの出題があった。
馬屋原くんに何か出題ないの?ときくと「長編ならあります」とのことでした。
次から次と新作が披露された。
出題されている作品はいずれもむずかしくて暗算では歯が立たない。
竹中さんがホイホイと解くのを唖然とみおくった😆
⇒毎回同じ

なんて調子で時間が過ぎて15時過ぎから春霞賞の選考。
今回の候補作説明は太刀岡さん。
候補作は3作と今月は少ない。
短大の候補作は狙いはわかるがあまり構想作という感じではなく、ミラクルな受けが心配な作品なので挙手はしなかった。
オレは不利交換で打ち歩を誘う大学の作品に投票。
8票で今月の候補作としてノミネートされた。

その後は田中徹さんの今月の注目作説明。
オレはスマホ詰パラや詰将棋メーカーは見ていないのでいつも楽しみにしている。
作者が出席していれば作品の狙いが直接聞けるのもメリット。

ヤン詰42と小学校6 芹田修氏作。
作者コメントは「見てのとおりです」

大学4岸本裕真・馬屋原剛氏合作
収束が馬屋原剛氏で前段が岸本裕真氏の合作とのこと。

大学院3中丸哲氏作
ずいぶん若い作者とのこと。(小学生?)
デビュー作が煙詰とはすごい。

詰将棋メーカー2022年10月10日 springs氏作
spring.png
シナトラくんの訳の分からない(笑)コメントが披露されたが覚えられなかった。
馬屋原くんによると「意味は分かるが言葉で説明するのは難しい」

16時前にわりと早く終了。
懇談の輪が広がった。
詰将棋をやっている人がほとんどだが、會場くんと馬屋原くんがなにやら変なことやっていた(笑)
プルーフゲームだそうだ。
いずれどこかで発表されるのだろう。

宮田先生からは面白い話が聞けたがオフレコ。
先生は19時発の飛行機で西方に旅立つとのこと。
西方の旅が話題になり、竹中さんが奨励会時代に森内三段、佐藤新四段(現会長)とフェリーで四国から九州に渡った話をされた。
なんかすごい話を聞いたような気がした。
そんなこんなで17時となり盤駒を片付けて撤収しました。

この記事へのコメント