Billboard 2022年12月3日



【アルバム】
Midnights_-_Taylor_Swift.pngテイラー・スイフトの “Midnights” が13%減の17万7千ユニットながら2週連続通算4週目の1位。
彼女にとって11枚目のナンバー1。
ストリーミングユニットは16%減の11万8千でこれは1億5,580万回のオンディマンドストリームに相当する。
売上は4%減の5万7千枚。

ドレイクと21サヴェージの “Her Loss” は30%減の11万9千ユニットながら2位変わらず。

バッド・バニーの “Un Verano Sin Ti” も微減の5万6千ユニットながら3位変わらず。

リル・ベイビーの “It’s Only Me” も9%減の4万8千ユニットながら4位変わらず。
2020年の前作 “My Turn” は19万7千ユニット(1万枚)で初登場1位。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double” は2%増の4万2千ユニットで6位から5位に上昇。
トップ10内在位は97週目で単独5位。

トップ10内在位週数の長いアルバムリスト
173, Original Cast, My Fair Lady, 1956
109, Soundtrack, The Sound of Music, 1965
106, Soundtrack, West Side Story, 1962
105, Original Cast, The Sound of Music, 1960
97, Morgan Wallen, Dangerous: The Double Album, 2021
90, Soundtrack, South Pacific, 1958
87, Original Cast, Camelot, 1961
87, Soundtrack, Oklahoma!, 1956
85, Peter, Paul and Mary, Peter Paul and Mary, 1962
84, Adele, 21, 2011
84, Bruce Springsteen, Born in the U.S.A., 1984

ザ・ウィークエンドの “The Highlights” は7位から6位に上昇。

マイケル・ジャクソンのナンバー1アルバム “Thriller” が283%増の3万7千ユニットで115位から7位に上昇。
40周年記念盤が820%増の2万7千5百枚を売り上げた。
ストリーミングユニットは9千でこれは1,317万回のオンディマンドストリームに相当する。

ハリー・スタイルズの “Harry’s House” は9位から8位に上昇。
ポイントは10%増の3万3千ユニット。

ロッド・ウェーブの “Jupiter’s Diary: 7 Day Theory” が3万1千ユニットで9位に初登場して5枚目のトップ10入り。
ストリーミングユニットは3万でこれは4,332万回のオンディマンドストリームに相当する。
前作 “Beautiful Mind” は今年の8月27日付チャートで11万5千ユニット(2千枚)で初登場1位。

マイケル・ブーブレの定番クリスマスアルバム “Christmas” が51%増の3万1千ユニットで19位から10位に上昇。

1 1 Midnights / Taylor Swift 177,000 (57,000)
2 2 Her Loss / Drake & 21 Savage 119,000
3 3 Un Verano Sin Ti / Bad Banny 56,000
4 4 It’s Only Me / Lil Baby 48,000
5 6 Dangerous: The Double / Morgan Wallen 42,000
6 7 The Highlight / The Weeknd 40,000
7 115 Thriller / Michael Jackson 37,000 (27,500)
8 9 Harry’s House / Harry Styles 33,000
9 - Jupiter’s Diary: 7 Day Theory / Rod Wave 31,000
10 19 Christmas / Michael Bublé 31,000

【シングル】
Taylor_Swift_-_Anti-Hero.pngテイラー・スイフトの “Anti-Hero” が5週連続1位。
エアプレイ11%増の6,510万でRadio Songs 4位から2位に上昇。
ストリーミング5%減の2,580万ながらStreaming Songs 2位変わらず。
売上は60%減の1万2千枚でDigital Song Sales 2週続いた1位から2位に後退。
テイラーのシングル1位は9曲目。
9曲以上のナンバー1を保持する16人のアーティストの仲間入り。
ソロ女性アーティストでは7人目となる。

ドレイクと21サヴェージの “Her Loss” からのカット“Rich Flex” は今週も2位変わらず。
ストリーミングは14%減の3,090万ながらStreaming Songs 3週連続1位。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songsの両チャートも3週連続1位。

サム・スミスとキム・ペトラスの “Unholy” も3位変わらず。
エアプレイ9%増の7,190万でRadio Songs 2週連続1位。

スティーヴ・レイシーの “Bad Habit” は4位変わらず。
Hot Rock & Alternative Songs、Hot Rock Songs と Hot Alternative Songs の3チャートで14週連続1位。
Hot R&B Songs は12週1位。

マライア・キャリーの “All I Want for Christmas Is You” が25位から5位に上昇。
ストリーミング54%増の2.150万で Streaming Songs 17位から3位に上昇。
エアプレイも80%増の2,060万でRadio Songs 38位にリエントリー。
ダウンロードも57%増の3千でDigital Songs 35位から14位に上昇。
クリスマスシーズンはまたこの曲がナンバー1になりそうだ。

ブレンダ・リーの1958年発売のクリスマスソング “Rockin' Around the Christmas Tree” が41位から6位に上昇。

デヴィッド・グエッタとビービー・レクサの“I’m Good (Blue)” は7位変わらず。

ハリー・スタイルズの “As It Was” は5位から8位に後退。
15週以上1位を記録した曲はチャート史上4曲目。
15週1位は単独4位の長さとなる。

1位滞在週の長い曲のリスト
19, “Old Town Road” Lil Nas X feat. Billy Ray Cyrus, 2019/4/13~
16, “Despacito” Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber, 2017/5/27~
16, “One Sweet Day” Mariah Carey & Boyz II Men, 1995/12/2~
15, “As It Was” Harry Styles, 2022/4/16~
14, “Uptown Funk!” Mark Ronson feat. Bruno Mars, 2015/1/17~
14, “I Gotta Feeling” The Black Eyed Peas, 2009/7/11~
14, “We Belong Together” Mariah Carey, 2005/6/4~
14, “Candle in the Wind 1997″/”Something About the Way You Look Tonight” Elton John, 1997/10/11~
14, “Macarena (Bayside Boys Mix)” Los Del Rio, 1996/8/3~
14, “I’ll Make Love to You” Boyz II Men, 1994/8/27~
14, “I Will Always Love You” Whitney Houston, 1992/11/28~

トップ10内に在位するのは32週目で史上3曲目。

ボビー・ヘルムズの “Jingle Bell Rock” が50位から9位に上昇。

バール・アイヴスの “A Holly Jolly Christmas” が10位にリエントリー。

1 1 Anti-Hero / Taylor Swift
2 2 Rich Flex / Drake & 21 Savage
3 3 Unholy / Sam Smith and Kim Petras
4 4 Bad Habit / Steve Lacy
5 25 All I Want for Christmas Is You / Mariah Car ey
6 41 Rockin’ Around the Christmas Tree / Blenda Lee
7 7 I’m Good (Blue) / David Guetta and Bebe Rexha
8 5 As It Was / Harry Styles
9 50 Jingle Bell Rock / Bobby Helms
10 - A Holly Jolly Christmas / Burl Ives

次週≪≫前週

この記事へのコメント