水は海に向かって流れる





水は海に向かって流れる@ブロードメディアスタジオ試写室
水は海に向かって流れる.jpg

制作年:2023
制作国:日本
日本公開:2023年6月9日
上映時間:2時間3分
配給:ハピネットファントム・スタジオ

監督☆前田哲
原作☆田島列島

キャスト
榊千紗☆広瀬すず
熊沢直達☆大西利空
歌川茂道☆高良健吾
泉谷楓☆當真あみ
泉谷颯☆戸塚純貴
成瀬賢三☆生瀬勝久
熊沢達夫☆北村有起哉
榊謙悟☆勝村正信
高島紗苗☆坂井真紀

【あらすじ】
高校への通学のために叔父の家に居候することになった直達が駅に着くと、見知らぬ大人の女性、榊千紗(広瀬すず)が迎えにきていた。案内された家には、脱サラしてマンガ家になった叔父、女装した占い師、海外を放浪する大学教授、そして笑わない26歳の会社員・榊がおり、彼らとの共同生活が始まる。直達は次第に榊に好意を寄せるようになるが、榊は「恋愛はしない」と宣言する。

【感想】
田島列島のコミックを原作に『そして、バトンは渡された』などの前田哲監督と『ちはやふる』シリーズなどの広瀬すず主演で映画化したドラマ。
とのふれこみだが、どちらかと云えば主人公は大西利空の演じた熊沢直達の方だ。

物語の舞台はトーテムポールの立った古めかしい日本家屋。
シェアハウスに大学教授をはじめとする正体不明の人々が暮らしている。
漫画ならともかくあまり現実的ではない設定である。

そんな設定のもと、さらに都合のいい展開が用意されている😄

ついこの前まで少女だった広瀬すず。
この映画ではすっかりおとなの女性を演じていた。
こうして成長した姿をみると、やっぱりお姉さんのアリスとよく似ているなと思った。
その大人の女子に高校生男子が恋情を持つという、ジジイが観るにはちょっとしょっぱい😄映画だった。

千紗は直達に「恋愛はしない」と宣言。
その理由についてはネタバレ禁とのこと。
それが上記都合のいい展開という奴である。
何か結論が出るわけじゃなく中途半端な終わり方なので「6才のボクが、大人になるまで。」のように二人のいくすえがどうなるのか続編作って欲しいと思った。
つまらない話になってしまいそうだけど(笑)

この記事へのコメント