リミット





リミット@シネマート六本木
https://mattsuanko.up.seesaa.net/01097185N000000001/128884879903016221672.JPG

(C) 2009 Versus Entertainment S.L. All Rights Reserved.
英題: BURIED
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年11月6日
配給: ギャガ

監督: ロドリゴ・コルテス

キャスト
ライアン・レイノルズ


【ストーリー】
イラクで民間トラックドライバーとして働くポール(ライアン・レイノルズ)は、何者かに襲われ、ひつぎと共に土の中に埋められてしまう。
やがて意識を取り戻したポールは、手元に携帯電話、ライター、ナイフ、ペン、酒があることを知るが、残された空気から推測してタイムリミットが後90分前後ということに気が付いて……。

興行成績
アメリカ: $977,438 8.9%
アメリカ以外: $9,970,505 91.1%
--------------------------------
全世界: $10,947,943

【感想】
英題:Buriedがなんでリミットになるんだろう。
ベリードでいいんでない?
とにかく “埋められた” のは確かなんだから。

映画の冒頭は、普通より長めのスタート・ロールあり。
ウエストサイド・ストーリーかと一瞬思った(笑)が、そこまで長くない。
で、ようやく始まったと思ったら、画面は真っ暗だ。
チラシは雰囲気を良くあらわしている。

木製の棺桶に埋められた男ポール。
95分間、棺桶の中のポールのシーンに終始する。


これは、ある意味すっご~い!

携帯電話で声だけ出演のキャストは何人かいる。
が画面に映るのは基本的にライアン・レイノルズだけ。
もう一人ちらっと映るのは、テロリストに拉致された女性。
基本的に棺桶の中のたった一人の男の描写だけ。
電池切れになりそうな携帯であちこちに電話するポール。
ようやく救援が到着?
いったいどういう結末が待っているのか?
はたしてリミットを超えたか、超えないか?

誰にでもすすめられる映画ではないが
すごい映画だと思いました。

"リミット" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント