ヴィンセントが教えてくれたこと





ヴィンセントが教えてくれたこと@スペースFS汐留
ヴィンセント.jpg

(C) 2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.
英題:ST. VINCENT
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開: 2015年9月4日
上映時間: 1時間42分
配給: キノフィルムズ

監督・脚本・製作: セオドア・メルフィ

キャスト
ヴィンセント・マッケンナ☆ビル・マーレイ
マギー・ブロンスタイン☆メリッサ・マッカーシー
ダカ・パリモヴァ☆ナオミ・ワッツ
ブラザー・ジェラティ☆クリス・オダウド
ズッコ☆テレンス・ハワード
オリヴァー・ブロンスタイン☆ジェイデン・リーベラー


【ストーリー】
アルコールとギャンブルが大好きで、ちょっとクセのあるヴィンセント(ビル・マーレイ)は、隣家に引っ越してきたシングルマザーの12歳の息子、オリバー(ジェイデン・リーベラー)の世話をすることになる。酒場や競馬場へと連れ回し、ろくでもないことを教え込むヴィンセントに反発するオリバーだったが、嫌われオヤジに隠された真の優しさや心の傷に気付いてから、徐々に二人は心を通わせていき……。

【感想】
上映前に岩城滉一、河北麻友子と岸田一郎によるトークがあった。
岩城滉一が泣いたなんて言うもんだから、どこで泣けるのだろうとワクワクしながら観た。

最後までぜんぜん泣けなかったんだけど(笑)

そのかわり
何やってんだバカだな~と笑えるところはたくさんありました。

一番感心したのは、英題にもなっている「ST. VINCENT 」のくだり。

12歳の少年オリバーが、自分でこの世の「聖人」を選ぶ。

(オリバーが選んだ聖人はヴィンセント)

「聖人」について、文献を調べ、関係者にインタビュー。
写真などの資料を集めてプレゼンにまとめあげる。

多くの聴衆の前でその「聖人」についてプレゼンを行う。

「聖人」について調べたこと、なぜ自分がその人を「聖人」と思うのか?

日本の教育と全然違う。

わたしは、今の日本の教育は根本的に誤っていて、抜本的改革が必要だと思っているので映画はどうでもよかったんだけどその部分だけに興味を持ちました。

映画自体の評価は普通レベル。
ごく普通のコメディー、ヒューマンドラマといったところです。




"ヴィンセントが教えてくれたこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント